保険加入に関する不安を解消するためには?

幸せを引き寄せるマネー術

 「保険に加入したい」「結婚や引っ越しして住所や名前などの変更をしなくてはならない」などの場合、相談や連絡はどこにしたらいいのでしょうか。

複数の窓口を利用してみよう

 保険に加入するには、保険会社の営業担当者、複数の保険会社を取り扱う代理店や街でよく見かける「保険ショップ」、銀行の窓口での加入などがあります。ライフプランの相談に乗ってくれて、あわせて保険加入や見直しの手続きを行ってくれるケースが多いですね。

 ライフプランのアドバイスに費用がかからないケースが多いですが、そのからくりとしては、「保険を販売することで手数料が入る」ことがあります。ライフプランの相談をする相手と、保険商品を販売する人が同一であることが多いという点は、確かに知っておいても良さそうです。

 言い換えると、自分で商品を研究し選択し、インターネットなどで保険会社から直接加入する以外には、販売する人に手数料が入ることを避けるすべはほとんどありません。

 そもそも、保険商品の加入を検討する際、その商品に詳しい人から根気強く解説を受けられることは、加入者にとってもメリットがあると言えます。担当者がアドバイザーでもあり、営業担当者でもあるということを理解した上で、自分に適切な商品にたどり着くために良い意味で利用し、力を貸してもらうのが良さそうです。

 アドバイザーと販売担当者が同一であることで、売り手側にメリットのある商品に加入させられると心配する人もいるかもしれません。そうした心配を軽減するためには、複数社から説明を受けることがおすすめです。そして、より自分の状況によりフィットする商品を提案してもらった保険会社や代理店、あるいは同じ商品の提案だとしても、説明で自分がより納得できる担当者から保険を加入するほうが良いと思います。

中立的な視線で商品選びの助言を

 また、日本FP協会では電話面談による無料相談窓口も設けています。ここでは商品を購入することや、具体的な商品に言及することはできませんが、商品選びの視点について中立な助言を受けることができます。

 加入後の保障の減額や、住所変更、結婚に伴う受取人の変更だけを行いたい場合は、保険会社のインターネット窓口やコールセンターに連絡をすることで担当営業に会うことを避け、手続きだけを済ませることもできます。

 同じ商品に加入する場合でも、会社の窓口を経由することで団体割引を受けられることもあります。

 保険加入や情報変更について、複数の窓口を知っておくことで、比較検討しやすくなり、目的に合わせた対応をしやすくなります。相手が営業というミッションを持っていたとしても、こちらが消費者のプロを目指すことで、良い付き合いを築いていくことも可能です。

【あわせて読みたい】

いざ、海外旅行へ! 保険はかけた方がいい?

地震・火災保険の対応、被災時にやっておくべきこと

退職するなら「月末1日前」が有利って本当?