選択に迷う どの医療保険特約がホントに必要なの?

幸せを引き寄せるマネー術

 医療保険を検討していると、“女性特有の病気に備える”特約や、“先進医療に備える”特約など、多くの特約が存在し、選択を迫られる機会が多いですが、どのように判断するといいのでしょうか。

お祝い金、女性特約、こんな観点で考えて

 あまりつけない方がいい特約として一番に思い浮かぶのは、健康でいたら数年おきにお祝い金がもらえるというものです。理由としては、そのお祝い金を支払う分、保険料も上乗せされるため、自分で払ったものを受け取るだけになるからです。

 保険が得意とするのは「起こる確率は低く、起きたら自分で到底まかなえないものに備えること」。この原則にも反します。

 慎重に考えたいのは女性疾病に関する特約です。元々、医療保険では入院や手術をカバーすることができます。女性疾病だからといって入院や手術の費用がかさむとは限らず、通常の医療保険で十分という場合も多いでしょう。

比較的選択してもよいと考えられる特約とプラン

 悩ましいのが、先進医療特約です。通常の公的保険の対象となっている治療は、現役世代であれば3割負担で受けることができるだけでなく、高額療養費の対象となり、本人の負担はある程度に抑えられます。

 本当に先進医療を受ける場合は、確かに高額になることもあります。一方で、効果が高いとされる治療は順次、公的保険の対象となるため、公的保険対象となる治療で手を尽くした人が、必ずしも先進医療を受けるとは限りません。起こる確率が低く、保険料は割安なので、いざという時は手を尽くしたいと考えている人にとっては、確かに加入が有効な選択といえるかもしれません。

 また、医療保険によっては、保障期間は亡くなるまで続く終身で、保険料を払い込む期間は60歳までなどの“払い済”とする加入方法もあります。若いうちにはやや高くても保険料を負担でき、収入が減ってしまった高齢期の医療費が心配という方は、損得の切り口ではなく、こうしたプランを選択するのも一つの方法といえそうです。

【あわせて読みたい】

いざ、海外旅行へ! 保険はかけた方がいい?

地震・火災保険の対応、被災時にやっておくべきこと

退職するなら「月末1日前」が有利って本当?