ダブって加入してる? 知っておきたい個人賠償責任保険

幸せを引き寄せるマネー術

 思わぬ事故で他人を傷つけてしまったり、高額なものを壊したり、取り返しのつかない事態に備えるのが「個人賠償責任保険」です。ただ、自分の加入する保険の「特約」としてカバーされているにもかかわらず、重複して加入しているもったいない人も目立つ保険です。

自転車の事故で賠償金1億円、カバーできる?

 「個人賠償責任保険」は、一般的に火災保険や自動車保険、傷害保険などに特約としてつけることができます。「洗濯機が水漏れして、マンション階下の住人の家財に被害を与えてしまった」「買い物中に商品を落としてしまった」といった事態でも、個人賠償責任保険を特約としてセットで契約してあれば、カバーされます。

 個人賠償責任保険は、身近な暮らしの事故をほぼカバーしているものが多く、その中には「自転車を走行中に通行人にけがをさせてしまった」というケースも含まれます。

 健康志向などから、通勤に自転車を利用する人も増えてブームになっている自転車ですが、事故も多発しています。歩行者にぶつかってけがをさせた加害者に1億円近い支払いが命じられるなど、賠償金も高額になっていて、自治体によっては自転車保険の加入を義務とするところもあります。

 この自転車保険は、賠償問題に発展した場合に備える「個人賠償責任保険」と、自分のけがや死亡を補償する「傷害保険」がセットになっているのが一般的です。火災保険や自動車保険などに個人賠償責任保険の特約をつけていたら、重複加入となってしまうのです。

マンションの管理組合やクレジットカードで入っていない?

 個人賠償責任特約は、マイホームを購入する際の火災保険につけている人が目立ちます。見落としがちですが、マンションなどの集合住宅では、共用部分の火災保険を管理組合で加入していて、それに個人賠償責任特約をつけている場合もあります。

 自動車保険やクレジットカードの付帯サービスとして、数百円を上乗せして支払い、個人賠償責任保険に加入している場合もあります。既に加入している保険でカバーされていないか、まず確認しておくとムダを防げますね。

 個人賠償責任保険には、本人が起こした事故のみを対象とするプランと、家族全員を対象とするプランがあります。補償金額も最大3億円や無制限といった高額賠償に備える商品も増えてきています。

 重複して保険に加入すると、最大補償額は上乗せされますが、実際の損害額しか、保険金は支払われません。既に加入している保険を把握して、掛け過ぎがないか、どこかの特約にまとめられないか、検討して過不足なく加入したいですね。

【あわせて読みたい】

いざ、海外旅行へ! 保険はかけた方がいい?

地震・火災保険の対応、被災時にやっておくべきこと

退職するなら「月末1日前」が有利って本当?