地震・火災保険の対応、被災時にやっておくべきこと

幸せを引き寄せるマネー術

 6月18日に大阪府北部を震源とする大きな地震が起こりました。被災時に何をした方がいいのか、損害保険の保険請求に役立つ方法をお伝えします。

被害の証拠、片付けたらダメ?

 保険金を受け取るためには、被害の状況を保険会社に伝え、「損害調査」と呼ばれる審査を受けます。地震が起きた6月18日に、損保ジャパン日本興亜株式会社の広報担当から、損害調査についてレポートが届きました。

 災害に遭った場合、被害の証拠を残しておくと効果的です。一般的には片付けをしないことや、写真を撮ることなどが考えられますが、まず、「片付けや修復をしなければ危険であったり、防犯上の問題があったりする場合は、片付けてもよい」ということです。

被害を証明する写真撮影のポイント

 写真は必須ではないものの、やはり撮影しておくと審査がスムーズになります。写真を撮るときには、「被害を受けた建物や家財の全体(建物の場合は建物の全景写真)」や「損傷箇所が確認できるところ」を撮影するのが良いそうです。また、保険証券が手元になくても、保険金の支払いに支障はないとのことでした。

 どこの保険に加入しているか分からない場合

 火災保険や地震保険は、住宅購入時にローン契約などと一緒に手続きをし、以降は加入している会社がどこかすら、意識しないことも多いかもしれません。

 災害救助法が適用された地域で、加入保険会社が分からない場合は、日本損害保険協会の「自然災害損保契約照会センター」で確認できるそうです。

 電話番号:0570-001830(ナビダイヤル:通話料有料)

 受付時間:午前9時15分~午後5時(土・日・祝日および1230日~14日を除く)

 内閣府によると、6月18日現在、大阪府の12市1町に災害救助法が適用されることが決まっているため、利用できる人もいらっしゃることと思います。

 今回は地震を事例にご紹介しましたが、火事や台風などで被害に遭った場合も同様の対応で補償をスムーズに受けやすくなります。

 まずは、身の安全を守り、無事に過ごすことが第一ですが、有事の際の備えとして頭の片隅に置いていただければと思います。被害が拡大しないことを、心よりお祈りいたしております。

【あわせて読みたい】

失業保険っていくらもらえるの?

退職するなら「月末1日前」が有利って本当?

4~6月は残業しない方が得って本当?