上司が誘う飲み会に「参加」「不参加」を迷うとき

楽しく働くための社内政治力

写真はイメージです

 「仕事の区切りがついたから打ち上げをしましょう」「○○さんの歓迎会をしましょう」などと、上司や同僚が飲み会を企画することがあります。

 飲み会の誘いには、「行きますよ~♪」とすぐに返事をする人もいれば、「ちょっと考えさせてください」と返事を保留にする人がいます。

 参加を保留する人の内なる声を聞いてみましょう。

 「お酒が飲めないので行きたくない」
 「飲み会(上司や同僚)が苦手」
 「本当は行きたいんだけど、事情があって早く帰宅しないと!」

 参加を表明した人も本音を明かせば、進んで行きたい人ばかりじゃありません。それでも、参加するワケは……。

 「仲間外れになるのが怖い」
 「付き合いが悪いと思われたくない」
 「上司の誘いじゃ断りにくい」

 ざわつく心が「参加」「不参加」の返事を遅らせ、幹事は最終的な人数が決まらずイライラするという事態はよくあるケース。

 上司が飲み会を提案するのは、部下たちとコミュニケーションをとりたいからです。日頃の仕事ぶりをねぎらいつつ、部下のこと(本音)を知りたい。風通しをよくして、誰もが力を発揮しやすい(意見を言いやすい)雰囲気を作りたい……などなど。本来、自分とチームの仕事をプラスに結びつけるのが目的です。

 「飲み会」は仕事の一部であり、仕事の延長と考えている上司もいまだに多いようです。その場合は「不参加」表明が自分の仕事にネガティブに影響しないよう工夫が必要です。

「飲み会」を「ランチ」に変更できないか提案する

 仕事の一環であれば、何もアルコールを介する必要性はありません。アルコールが飲めない人が肩身の狭い思いをするのはアンフェアです。

 「課長、夜の飲み会じゃなくて、昼、ランチタイムに集まりませんか? 会議室を予約しておきましょうか?」とデリバリーのお弁当のチラシを見せながら話をする、とか。みんなが無理をしないで参加できる前向きな提案に、上司も聞く耳を持つはずです。

職場の「和(ハーモニー)」作りのきっかけにする

 それでも夜の飲み会になったときは、上司や同僚の普段は見せない一面を探してみては? こちらからいろいろな質問のボールを投げてみてはどうでしょう。自分との共通点があったり、自分と違う考え方に驚いたり。お酒の席では相手の本音がチラリと出ることもあります。そこには思わぬ発見があるかもしれません。

 何の因果か、同じ会社で働いている不思議な「ご縁」についても考えてみる価値があります。一生付き合うわけじゃないし、飲み会は情報収集の場だと割り切って考えられませんか? 好きでも嫌いでも、同じ職場で働くことになった上司や同僚たち。そもそも、自分と全く同じ考えの人なんていないでしょう。職場の「和(ハーモニー)」に貢献するのも、職場の一員としての役割の一つではないでしょうか。

 飲み会をあなたに役立つ情報収集の場にしよう!

【オススメの関連記事】

●職場で泣くのは悪いこと? 涙の数だけ人は強くなれるのか!?

●新入社員が入ってきた! 今こそ「自分力」を高めるチャンス!

●正社員と派遣社員 複数の雇用形態で起こるモヤモヤ解消法

関下昌代
関下昌代(せきした・まさよ)
著作家・キャリアカウンセラー

 亜細亜大学非常勤講師。熊本市生まれ。高校卒業後、住友信託銀行に就職。以後、派遣、臨時職員でテレビ熊本、熊本県庁などで勤務した。1989年シティバンク銀行に転職。いくつかの業務部を経て、2001年人事本部人材開発課に異動。社員研修プログラムの企画、社内講師役を務める。2009年3月、立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士号取得。同11月末シティバンク銀行を退職。2011年4月より大学でビジネスマナーやコミュニケーションの科目を担当。著書に「伸びる女の社内政治力」(さくら舎)、「伸びる女(ひと)と伸び悩む女の習慣」(明日香出版社)「伸びている女性がやっている感情整理の新ルール」(KADOKAWA)、「シティバンク人事部で私が学んだ一生使える「気づかいの基本」が身につく本」(大和出版)「仕事も人間関係もうまくいく!マナードリル」(総合法令出版)「反学歴の成功法則」(経済界)などがある。

伸び悩む女の独りごと~異文化の交差点