投資にもメインとサブがあることを知っておこう

幸せを引き寄せるマネー術

 投資の商品には、「株式」と「債券」があります。一つの商品を自分で選ぶのが難しい場合は、投資信託という“詰め合わせ”もあります。

複数箇所に投資をする方がリスクは分散される

 株式や債券では、お金を出資したり貸したりする相手=国や企業に運用の成果を託すことになります。託した先の経営状態が好調であれば、利益が出る可能性もありますが、不調であれば、損失が出る可能性もあります。

 そのため、1か所ではなく、複数箇所に投資ができると、リスクを分散することができます。例えばA社の株式が下がっても、同時に持っているB社の株式が上がれば、多少ダメージが緩和されます。もちろん両社とも下がることも考えられるため、投資先を選ぶ際、違う業種や、異なる国にすると、リスクの分散効果が高まります。

 このように複数の銘柄に分散して投資をしようとすると、通常、投資する資金が多く必要になります。こうした問題を解決するのが「投資信託」です。

投資信託をコア、株式をサテライトに

 投資信託は、国内や海外の株式・債券などを、複数詰め合わせにした商品です。多くの人から少しずつお金を集めて「国内株式を中心にした投資信託」、「国内・海外の株式・債券を均等にミックスした投資信託」など商品のコンセプトに応じて運用します。個人としては、例えば1000円しか買わなくても、お金がまとめて運用されているため多数の銘柄に分散投資されることになります。

 投資信託であれば、「日本の企業全体に投資したい」「海外も含めて全世界に対して投資したい」という方針だけ決め、それに合う商品を選べば、あとは一つ一つの銘柄の売買を繰り返したりしなくても、自動的に運用が継続されます。

 売買を繰り返すことを手間がかかると感じる人は多いでしょう。そうした場合、例えば、投資のメイン(コア)には投資信託を利用し、サブとして自分で株式や債券を一部選んで購入する(サテライト)といった運用方法もあります。

 こうした投資方法は、“コア・サテライト戦略”と呼ばれます。手間やリスクが大きな商品を少しだけ組み込むやり方です。資産形成の中心に据えるものと、サブ的に投資をする商品とに分けることで、それぞれの違いを理解することができ、より自分に合う投資スタイルを見つけやすくなります。まずはコアを中心に、そしてもし気になっているのであればサテライトも取り入れるというスタイルが考えられます。

【あわせて読みたい】

すぐ始める!お金の価値を減らさない「資産運用」

アラフォーで貯金なし……結婚に必要なお金はいくら?

いくら貯まったら投資をスタートできる?