投資デビュー「株式」と「債券」どちらを選ぶ?

幸せを引き寄せるマネー術

 いざ「投資を始めよう」と思っても、いろいろな種類の金融商品が出回っているため、決められないことが多いのではないでしょうか。投資でパッと思い浮かぶのが、「株式」と「債券」。その二つの特徴と違いを知っておくのが、商品選びの第一歩です。

株式と債券の違いって?

 株式は、特定の会社に出資をし、その会社の部分的なオーナー(株主)になる商品です。出資したお金は事業に活用され、増えたり、減ったりします。会社の業績が良ければ利益の一部を株主に還元したり(配当金)、会社の人気が上がれば株を高く売却できたりする可能性があります。

 一方、債券は国や会社などにお金を“貸す”商品です。基本的に貸しているだけなので、あらかじめ償還期間や利率が決められており、満期を迎えたら額面金額の全額を返してもらうことが前提です。お金を貸している間は、貸した先がつぶれるなどしなければ、元本が戻り、利息も受け取ることができます。

 ですので、株式と債券の大きな違いは、「元本の値動きがあるかどうか」。株式の「リスクが大きい」と言われるのは、元本分まで減ってしまう可能性もあり、価格の振れ幅が大きいためです。

増えるのも減るのもリスク

 元本が増減する株式と、原則元本の変動はなく利息を受け取る債券(発行体の破綻や中途売買などがない場合)、どちらの方が大きな利益を得られそうでしょうか。一般的には、株式の方が大きな利益を期待できますが、元本が割り込んだら損失が発生する可能性があります。

 金融商品におけるリスクとは、価格の振れ幅を指しています。大きな利益(ハイリターン)が期待できる商品は同時に損失が発生する(ハイリスク)可能性があり、またあまり損をしない商品(ローリスク)は大きく利益を出すことは難しい(ローリターン)です。

 株式でも債券でも、安定した利益が見込めて安心して持っていられる人気銘柄は価格が既に高めです。一方、取引の実績が少なく、保有するのに勇気が必要な銘柄は比較的価格が低いことが多いです。割安に購入した方が得なようにも思えますが、実績が少ないため、損失が大きく出る可能性もはらんでいます。

 投資を始める場合、一つの商品にすべてをつぎ込むのではなく、手持ち資金を分けてスタートするのが賢い方法です。将来の生活資金など元本にあまり変動があっては困る分はローリスクの商品で保有。一方、ある程度、価格のアップダウンを受け入れられる余剰分は、ややリスクのある商品に投資するなど、使い分けていくことが理想的です。

【あわせて読みたい】

いくら貯まったら投資をスタートできる?

すぐ始める!お金の価値を減らさない「資産運用」

アラフォーで貯金なし……結婚に必要なお金はいくら?