変化のない職場に不満 やりたいことがあったら走り出そう!

楽しく働くための社内政治力

写真はイメージです

 「私はこのままでいいのかしら?」

 居心地のよい環境であればあるほど、そこから一歩踏み出すには勇気が要ります。ようやく慣れ親しんだ仕事を自分なりに回せるようになる。これって素晴らしいこと! ところが、次のステップに行く前にはこんな症状が待ち受けています。

 日々変化のない職場の風景や顔ぶれ、人間関係にうんざり。当初は新鮮だった職場も、今ではかすみがかかったような毎日になっている……。

 私にも経験があります。30代の後半、「私は誰からも必要とされていない」と思うようになりました。力のある後輩たちに追い抜かれ、自分の存在感が薄れていくのを感じ、会社に行きたくない日々が続いたあの頃。

 そんな時、元の職場から「戻ってきませんか」という声がかかりました。戻れば残業の日々、大変な仕事が待ち受けているとわかっていたのですが、「経験者を必要としているから」の上司の言葉に心が動きました。

 「こんな私でも貢献できる何かがある」。そのことがうれしくてたまらなくなり、元の部署に戻ったことがあります。「飛んで火にいる夏の虫」とか、「出戻り」などとささやかれましたが、全く気になりませんでした。

誰かに必要とされる幸せ

 私なんて、大したことはしてないし……。なんて思っていても他人の評価は別物。日本人特有の「謙遜」している場合じゃない。頑張っただけ評価してもらえる環境なら、ラッキーと思いましょう。目の前の仕事は単純作業でつまらないかもしれません。だけど、その仕事が回り回って最終的に誰かの役に立っている。お客様を笑顔にしたり、安心させたり。これってステキなことですよね。

 組織の歯車は、小さくても不具合が起きれば、会社全体の生産性に影響するのです。

やりたいことは、実行するべき

 「営業をやりたい」「経理を学びたい」など、やりたいことがはっきりしている人は輝いてみえます。でも、実行に移せないでいる人が結構多いですよね。できない理由を並べて、自ら障害を作って一歩を踏み出せないまま、どんどん時間ばかりがたっていく。もったいない話です。

 やりたいことがある人は、「これをやりたい!」と意思表示し、すぐに誰かにアドバイスをもらいにいきましょう。職場だけでなく家族、親戚にも経験豊富な人がいるはずです。使えるものはフルに使って情報収集。しかし、完璧に準備しようとすればハードルの高さが嫌になることも。

 こんな時は「見切り発車」でもいいんです。とりあえず走りながら、足りないものを補充していく。こんなラフな進め方もアリです。
 
 新しいことを始めるには絶好の春。「今でしょう!」

【オススメの関連記事】

●上司から仕事を頼まれた! 断るか受けるか、アナタが得する対策法

●正社員と派遣社員 複数の雇用形態で起こるモヤモヤ解消法

関下昌代
関下昌代(せきした・まさよ)
著作家・キャリアカウンセラー

 亜細亜大学非常勤講師。熊本市生まれ。高校卒業後、住友信託銀行に就職。以後、派遣、臨時職員でテレビ熊本、熊本県庁などで勤務した。1989年シティバンク銀行に転職。いくつかの業務部を経て、2001年人事本部人材開発課に異動。社員研修プログラムの企画、社内講師役を務める。2009年3月、立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士号取得。同11月末シティバンク銀行を退職。2011年4月より大学でビジネスマナーやコミュニケーションの科目を担当。著書に「伸びる女の社内政治力」(さくら舎)、「伸びる女(ひと)と伸び悩む女の習慣」(明日香出版社)「伸びている女性がやっている感情整理の新ルール」(KADOKAWA)、「シティバンク人事部で私が学んだ一生使える「気づかいの基本」が身につく本」(大和出版)「仕事も人間関係もうまくいく!マナードリル」(総合法令出版)「反学歴の成功法則」(経済界)などがある。

伸び悩む女の独りごと~異文化の交差点