正社員と派遣社員 複数の雇用形態で起こるモヤモヤ解消法

楽しく働くための社内政治力

写真はイメージです

 今の時代、職場の中を見渡せば、正社員、契約社員、派遣社員、パートタイマー、アルバイトなど、雇用形態が違う人々が働いています。

 同じ職場で、似たような業務内容の場合、雇用形態が違うことで気持ちがざわつき、「人間関係が今一つ、うまくいっていない」「何だか職場が面白くない」。なんてこと、ありませんか?

 アラサーの頃、公務員の職場で臨時職員として働いていた私は、職場の中では「少数派」。「多数派」である正職員に対して、様々な“モヤモヤ”を抱えていました。

 「仕事量は違わないのに、同世代の正職員の方が収入も立場も上」

 「正職員の私用まで押しつけられて、公私混同じゃないの?」

 「同じ臨時職員のA子はスキル不足で仕事ができない。だから、しわ寄せが私にくる。暇を持て余している彼女と忙しい私は同じ時給……。これって不公平!」

 当時の私は臨時職員という立場に負い目を感じながら、正職員たちへ反発心と嫉妬心を持ち、一方では同じ立場の臨時職員たちとの関係に葛藤していました。

 派遣社員や臨時職員は働く時間、雇用期間が限定されています。いかにして次のキャリアにつながる働き方をするか。どんな視点を持てば楽しく働けるのか。

 複数の雇用形態を体験した私から、モヤモヤの解消法をお伝えします。

職場は学び(修業)の場と心得る

 雇用形態は違っても、一緒に働く人たちは、同じゴールを目指すチームプレーヤーであることに目を向けましょう。サッカーにミッドフィールダーやフォワードがいるように、仕事をつなぐ人、ゴールを決める人、役割はそれぞれです。あなた一人が戦っているのではなく、支えてくれる人がいることに気付いてください。

 誰かと比べて嫉妬を感じたら、自分が欲しいものが見えてきた「よい兆し」と考えましょう。仕事を押しつけられたら、「もっといい仕事をして、キャリアアップにつなげよう」と前向きに。不公平だと感じたら、「世の中は、不公平が当たり前」と受け入れてみましょう。意識を切り替えるだけで、心が軽くなるはずです。

 憧れの人、苦手な人、どんな人からも学ぶ“オープンマインド”な姿勢は、謙虚な態度となって人に好感を持たれます。今の自分に何かをプラスしていけば、あなたは着実に「伸びていく女」になっていきます。

少数派が集まれば、多数派に負けないパワーが生まれる

 自分だけが少数派で不利な立場だと思っていませんか? 周りを見渡せば、育児や介護をしながら働く人、言葉や習慣の違いで戸惑う外国人、障がいを持つ人、異動や入社ホヤホヤで職場になじめない人など、様々な事情を抱えた「少数派」がいます。

 「私が同じ立場だったら」とシミュレーションしてみましょう。相手の視点になって、自分を見つめなおすと、意外な発見があるものです。

 少数派が感じる孤独や疎外感にエンパシー(共感)を発揮できるあなたは、相手の立場になって行動できる人です。人々と心理的につながれる力は、多数派に対して意見を言えるパワーに発展する可能性があります。それは、人のネットワークを広げていく大きな力になるはずです。そのパワーは、きっとあなたの武器になるでしょう。

 オープンマインドとネットワークで伸びる女になれ!

【オススメの関連記事】

●昇進するか、現場に残るか……あなたはどうする?

●育休から復帰した“ワーママ”の職場での戦い方

●同僚が産休・育休……モヤモヤしたときの乗り切り方

関下昌代
関下昌代(せきした・まさよ)
著作家・キャリアカウンセラー

 亜細亜大学非常勤講師。熊本市生まれ。高校卒業後、住友信託銀行に就職。以後、派遣、臨時職員でテレビ熊本、熊本県庁などで勤務した。1989年シティバンク銀行に転職。いくつかの業務部を経て、2001年人事本部人材開発課に異動。社員研修プログラムの企画、社内講師役を務める。2009年3月、立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士号取得。同11月末シティバンク銀行を退職。2011年4月より大学でビジネスマナーやコミュニケーションの科目を担当。著書に「伸びる女の社内政治力」(さくら舎)、「伸びる女(ひと)と伸び悩む女の習慣」(明日香出版社)「伸びている女性がやっている感情整理の新ルール」(KADOKAWA)、「シティバンク人事部で私が学んだ一生使える「気づかいの基本」が身につく本」(大和出版)「仕事も人間関係もうまくいく!マナードリル」(総合法令出版)「反学歴の成功法則」(経済界)などがある。

伸び悩む女の独りごと~異文化の交差点