同僚が産休・育休……モヤモヤしたときの乗り切り方

楽しく働くための社内政治力

写真はイメージです

 「また私が彼女のカバー役?!」「人の仕事のしわ寄せで損ばかりしている私って、不幸かも……」。同世代の同僚が結婚して、産休・育休に入るというニュースは、客観的に見ればとても喜ばしいことです。子育てと仕事を両立することが大変なのも理解しています。それでも、休みに入る彼女の仕事を振られる立場になると、ちょっと複雑な心境になります。今の仕事にプラスαアルファの負荷がかかるわけですから。

 こんなとき、誰かが「子どものいないあなた(たち)が仕事をカバーするのが当然」とでも言ったら、カチン!とくるのは自然な感情です。「ちょっと、これでは不公平なのでは?」と思っても、子育てを奨励する世の中にバッシングされそうで、本音を口にできません。不満を胸にしまい込み、黙って耐えるしかないのが現状でしょう。

 私も気持ちがざわついた経験があります。かつて、産休に入る同僚の背中を見送りながら、出産の予定がない自分ばかりが損をしているような気持ちになったものです。不満が充満すると精神衛生上よくないし、表情だって暗くなります。負のスパイラルに陥れば、自分で自分の首を締めることになりかねません。ここはぜひ、他人の幸せなライフイベントをきっかけに、自分も幸せになれるような相乗効果を狙いましょう。

期限付きのタイムマネジメントにチャレンジ

 欠員の補充がなければ、残ったメンバーで産休・育休に入る人の仕事を分けるしかありません。実際にどのくらいの仕事の分量が増え、時間がどれくらいかかるのか、正確に把握しましょう。今の仕事に追加となれば、全体的な仕事の優先順位を並び替える必要があります。

 「これは私の仕事じゃないから……」と、追加の仕事を後回しにするのではなく、自分の仕事の一つとして責任を持ちましょう。休職した人が復職するまでの期間を目途めどに、どうすれば残業しないで仕事をこなせるかをタイムマネジメント。これが、自分の仕事の手順を見直すきっかけにもなり、業務改善につながれば、結果として自分がハッピーになれます。

不満より、やる気を見せる

 欠員の補充なしで、チームに負荷のかかる状況をいかにして切り抜けるか。上司だって頭を悩ませています。そんな中、前向きにチームに貢献するあなたを、上司はちゃんと見ているはずです。プラスαの仕事を自分の仕事の一つとして責任をもってこなす姿は、上司に好印象を与えます。不満は顔にも態度にも出ます。そして、やる気も周囲に伝わります。同じ業務をこなすなら、嫌々やるより、面白そうにやるほうが、人から見ても気持ちがいいものです。

 プラスαの仕事をすることで守備範囲を広げたあなたは、上司の信頼を勝ち取り、次のキャリアのドアを開く可能性が高まることでしょう。

 人の幸せを応援すれば、自分も幸せになる!……と信じて乗り切ろう。

【オススメ! 関連記事】

育休から復帰した“ワーママ”の職場での戦い方

もう、うんざり!いやいや仕事をする人に試してほしいマンネリ脱出法

できる女性と呼ばせる3つの技 「働き方改革」は自分次第

嫌な上司を踏み台にする、したたかさを持て!

関下昌代
関下昌代(せきした・まさよ)
著作家・キャリアカウンセラー

 亜細亜大学非常勤講師。熊本市生まれ。高校卒業後、住友信託銀行に就職。以後、派遣、臨時職員でテレビ熊本、熊本県庁などで勤務した。1989年シティバンク銀行に転職。いくつかの業務部を経て、2001年人事本部人材開発課に異動。社員研修プログラムの企画、社内講師役を務める。2009年3月、立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士号取得。同11月末シティバンク銀行を退職。2011年4月より大学でビジネスマナーやコミュニケーションの科目を担当。著書に「伸びる女の社内政治力」(さくら舎)、「伸びる女(ひと)と伸び悩む女の習慣」(明日香出版社)「伸びている女性がやっている感情整理の新ルール」(KADOKAWA)、「シティバンク人事部で私が学んだ一生使える「気づかいの基本」が身につく本」(大和出版)「仕事も人間関係もうまくいく!マナードリル」(総合法令出版)「反学歴の成功法則」(経済界)などがある。

伸び悩む女の独りごと~異文化の交差点