転職が決まってから退職までにやるべきこと

楽しく働くための社内政治力

写真はイメージです

 「私、転職するんです」

 思い通りに転職が決まったら、うれしい気持ちを人に話したくなります。転職を実現するためには勇気と決断、かなりのエネルギーを使ったはず。だからこそ、思いがかなうと自分の未来のことしか考えられず、今まで一緒に働いてきた人たちへの配慮をつい忘れてしまいがち。ここは、冷静になりましょう。

 「新しい職場でも元気で頑張ってね!」と円満に送り出され、職場を去った後も昔の仲間から飲み会に誘われる人は、情報網が途絶えず、人脈は広がっていきます。

 一方、「いなくなって清々した。もう顔も見たくないわね~」とささやかれる人は、人脈も広がらず、孤立していくリスクがあります。

 今の会社を去っても、いつ誰とまた一緒に仕事をすることになるかわかりません。ともに仕事をした仲間に敬意を払うことはもちろん、自分がやってきた仕事にも感謝しましょう。

 転職が決まったら、まず誰に報告するのか。どのタイミングで同僚たちに転職のことを伝えるのか。職場を去る前に何をやっておけばいいのか。TPOをわきまえた行動が必要です。転職の際に守りたい「ビジネスマナー」と言えます。

できるだけ迅速に、落ち着いた場所で上司に話す

 かつていっしょに働いた、37歳のA子さん。同業他社に転職が決まったとき、彼女は上司に言いそびれていました。上司に切り出したのは、帰宅途中の電車の中。り革につかまりながらの報告でした。しかも、退職希望日の3週間前というタイミング。社内規則(例えば1か月前に報告するなど)も守られていません。上司は激怒し、職場も混乱。結局、送別会も開かれず、彼女は一人寂しく職場を去っていきました。

 会社はあなたの後任を探さねばなりません。見つかるまで、上司や同僚が仕事の穴埋めをするのです。早く報告するほど、迷惑をかけずに済むはずです。「気まずい」とか「言いにくい」というのは、あなたの自分勝手な事情です。できるだけ早く、直属の上司に伝えましょう。メールや電話はもってのほかですよ。きちんと口頭で伝えましょう。今までお世話になった上司に、大事なことを話すのにふさわしい場所かどうかを考えましょう。例えば、会議室など、二人で静かに話せる場所が適しています。

 上司に伝えたら、同僚にも報告しましょう。退職日が決定したら、他部署や取引先の方々へごあいさつしましょう。立つ鳥跡を濁さず。大人のビジネスルールです。

仕事をきちんと引き継ぐ

 会社への事務処理や内容確認も必須ですが、何よりも仕事の引き継ぎが重要です。職場によっては、引き継ぎを書面で残す場合もあるでしょう。職場の仲間が、あなたがいなくなって混乱しないように準備します。
 誰が見てもわかりやすいマニュアルを作り、抱えている案件ごとの担当者、連絡先、今までの取引経過などを正確に後任に引き継ぎをします。これは、お客様を大事にすることにもつながります。「担当が代わったら、仕事がやりづらくなった」とお客様から不満を持たれないように。今まで働かせてくれた会社への感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

 「立つ鳥跡を濁さず」の気持ちを忘れない!

関下昌代
関下昌代(せきした・まさよ)
著作家・キャリアカウンセラー

 亜細亜大学非常勤講師。熊本市生まれ。高校卒業後、住友信託銀行に就職。以後、派遣、臨時職員でテレビ熊本、熊本県庁などで勤務した。1989年シティバンク銀行に転職。いくつかの業務部を経て、2001年人事本部人材開発課に異動。社員研修プログラムの企画、社内講師役を務める。2009年3月、立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士号取得。同11月末シティバンク銀行を退職。2011年4月より大学でビジネスマナーやコミュニケーションの科目を担当。著書に「伸びる女の社内政治力」(さくら舎)、「伸びる女(ひと)と伸び悩む女の習慣」(明日香出版社)「伸びている女性がやっている感情整理の新ルール」(KADOKAWA)、「シティバンク人事部で私が学んだ一生使える「気づかいの基本」が身につく本」(大和出版)「仕事も人間関係もうまくいく!マナードリル」(総合法令出版)「反学歴の成功法則」(経済界)などがある。

伸び悩む女の独りごと~異文化の交差点