転職したくなったら、自分のスキルを見極める

楽しく働くための社内政治力

 あなたは「会社を辞めたい!」と思ったことがありますか?

 私は何度もあります。実際に転職したことも……。35歳の頃、仕事内容に不満を抱えていた私は、転職を試み、同業他社の面接を受けに行きました。人事担当者の質問に答えながら、自分のリーダーとしての経験不足、英語力・専門分野の知識の低さがあらわになり、とても転職できるレベルではないことを痛感したのです。

 会社や仕事が問題ではなかった。私の力不足に問題があった。目が覚める思いでした。ぬるま湯にかるように過ごしていた職場を一歩出たことで、自分の市場価値をリアルに思い知ったのです。転職活動はうまくいきませんでしたが、その後の働き方や目指す方向がクリアになりました。

「逃げる」か「攻める」か あなたはどちら?

 「仕事がつまらない」「人間関係がうまくいかない」「給料が安い」「社風が合わない」――辞めたい理由は様々だと思います。

 でも、突き詰めると、仕事を辞めたい人は二通りだと思います。人間関係や仕事に嫌気がさして逃げ出したい人。仕事の守備範囲を広げて、キャリアアップ(収入アップ)したい人。「逃げの姿勢」と「攻めの姿勢」です。

 「逃げの姿勢」だけでは、新しい職場で同じような厄介事に遭ったら、また逃げ出したくなります。「前の職場の方がよかった……」なんてことにもなりかねません。きっかけが「逃げの姿勢」であっても、異動や転職を実現させるには「攻めの姿勢」が必要。そして、相手に「この人と一緒に働いてみたい」と思わせなければ、新たな居場所は見つけられません。

 転職には準備が必要です。心の準備とスキルの見極めが大切です。まずは、自分を見つめ直してみましょう。

逃げたい「理由」を別の視点で見てみる

 「転職したい」と思ったら、その「理由」をよく考えてみましょう。例えば、「仕事がつまらない」と思っている人は、仕事のどこがつまらないのか、どうしたら「楽しい」と思えるのか。「給与が安い」と思った人は、自分の働きがその給与に見合っているのかどうか。「人間関係が嫌」な人は、理想的な人間関係について考えてみましょう。それらは、会社や他人のせいだけですか? あなたにも問題があるのではないですか?

 私はかつて人事部の配属になったとき、最初から「つまらない仕事」と思っていました。前の部署に比べて、仕事のやり方やスピード感に物足りなさを感じていたのです。毎日、「つまらない」と愚痴っていたら、友人に言われたのです。

 「あなたはこれまで何をやったの? 何もしてないのに、何がわかるの?」

 新しい仕事に正面から向き合うこともせず、不満ばかり言っていた私には「キツイ」一撃でした。客観的に見ると、恵まれた環境に私は甘えていたのだと気づいたのです。「毎年同じような新人研修プログラムを変えてみよう」と前向きな気持ちになりました。自分で動き始めたら、つまらなかった仕事が途端にキラキラ輝いて見えました。

 私は外資系銀行で20年働き、その間、三つの部署を渡り歩きました。自分で希望して異動した部署から逃げだそうとしたり、転職活動に失敗してみたり。試行錯誤の連続でしたが、それらの経験で学んだのは、「自分で歩かなければ、景色は変わらない」ということでした。迷ったら、自分で動くことで「景色を変えて」いきました。

 転職するにしても、今の職場でスキルアップするにしても、まずは自分で動くことです。

 自分で歩かなければ、景色は変わらない。

関下昌代
関下昌代(せきした・まさよ)
著作家・キャリアカウンセラー

 亜細亜大学非常勤講師。熊本市生まれ。高校卒業後、住友信託銀行に就職。以後、派遣、臨時職員でテレビ熊本、熊本県庁などで勤務した。1989年シティバンク銀行に転職。いくつかの業務部を経て、2001年人事本部人材開発課に異動。社員研修プログラムの企画、社内講師役を務める。2009年3月、立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士号取得。同11月末シティバンク銀行を退職。2011年4月より大学でビジネスマナーやコミュニケーションの科目を担当。著書に「伸びる女の社内政治力」(さくら舎)、「伸びる女(ひと)と伸び悩む女の習慣」(明日香出版社)「伸びている女性がやっている感情整理の新ルール」(KADOKAWA)、「シティバンク人事部で私が学んだ一生使える「気づかいの基本」が身につく本」(大和出版)「仕事も人間関係もうまくいく!マナードリル」(総合法令出版)「反学歴の成功法則」(経済界)などがある。

伸び悩む女の独りごと~異文化の交差点