お金の管理 「使う」「守る」「増やす」の配分は?

幸せを引き寄せるマネー術

 貯蓄や投資といった資産管理を初めて行う際に、「どれくらいの金額から始めたら良いかわからない」という声をよく聞きます。お金を管理するコツは「使う」「守る」「増やす」に分けること。具体的なやり方をお伝えします。

「使う」お金は、半年分程度が必要

 「使う」お金とは、病気をしたり、転職をしたりと、イレギュラーな事態に備えるためのお金です。すぐに使える“流動性”が求められます。流動性が高い商品の代表的なものが普通預金。生活費の3~6か月分程度は、出し入れ可能な額を確保できていると心強いでしょう。

 「守る」お金とは、5~10年くらいは使わないけれど、減ってしまっては困るお金です。結婚資金や住宅ローンの頭金、子どもの教育費などが当てはまります。元本を減らさない“安全性”が高い商品である定期預金や、個人向け国債などが、「守る」お金の管理と相性が良いとされています。

 「増やす」お金とは、10年以上使う予定がないお金のこと。セカンドライフ資金などが該当します。一時的に減ることもあるかもしれないけれど、最終的には増やすことを目指す“利殖性”が高い商品と相性が良いとされます。株式や投資信託、外貨預金など、リスクを含んだ商品で運用することが想定されます。

色分け管理で貯蓄も投資も無理なく

 既にある程度の貯蓄がある人は、生活費半年分の「使う」お金と、5~10年以内に起こるライフイベントの予算を「守る」お金として確保。残ったお金で投資に挑戦するのも一案です。

 一方、現時点で貯蓄が多くない場合、まずは生活費の3~6か月分を確保してから色分けを検討するのも良いですし、毎月の積立額を少し色分けして、配分してみても良いでしょう。

 例えば、手取り月収が25万円、生活費が20万円、現時点での貯蓄が50万円の人がこれから毎月5万円をためる場合、4万5000円は貯蓄に回し、5000円だけは投資信託の積み立てを始める、といった方法です。

 1年後には「使う」お金が生活費の5か月分強に増えますし、投資額も累計で6万円になります。「守る」お金は「使う」お金が半年分を超えた時、10万円や50万円単位で別の形に変えても良いかもしれませんね。

 いつ使うお金なのかを考えて色分けし、それぞれに相性の良い金融商品を選ぶと、自分に有利なバランスを見つけやすくなります。