30代から準備! セカンドライフ資金は年50万円でためる

幸せを引き寄せるマネー術

 まだまだ数十年先でも、いずれは直面するセカンドライフ。お金の悩みの中で多いのも、将来のリタイア後に備えた資金作りです。一般的に“単身だと1500万円以上、夫婦だと2500万円以上が必要”とも言われています。金額だけを見ると、「そんなに準備できるのか……」と思うかもしれませんが、ちょっと視点を変えるだけで、目標額を達成しやすくなります。

毎月4万円を30年ためたら、約1500万円

 「1500万円」という金額の根拠は、60歳または65歳でリタイアし、その後90歳くらいまで生きると仮定して、公的年金で足りない生活費分を積み上げた合計額です。定年後の30年間、貯蓄から毎年50万円を生活費として補填ほてんすると、合計は1500万円となります。リタイア時に一気に1500万円を使うわけではなく、少しずつ使う予定のお金の積み上げということです。

 貯蓄についても、1500万円を一気にためるのではなく、使う時と同じように少額ずつ準備するのが現実的です。あと30年猶予があるとすれば、いまから年間50万円をためれば達成できる計算です。さらに、ひと月あたりに分けると約4万2000円。これだけを定額自動入金サービスなどを利用して、自動的に別の口座に移動させるなど、一定金額を積み立てる仕組みを作ると良いですね。

分割したりまとめたりして、お金を天秤てんびんにかける

 前職で学んだのですが、営業のテクニックのひとつに、“大変な金額に見せたい場合はまとめた額を、手頃に見せたい場合は分割した額を見せる”というものがあります。エステや通販などでも、分割した金額で紹介されることがありますが、手頃に感じることはありませんか。これに対して、セカンドライフ資金などを合計金額で聞くと、大金を準備しなければいけないと焦ってしまいがちです。

 このテクニックは、自分自身が客観的に判断したい時にも活用できます。一見多額な資金を準備しないといけないと感じても、分割にしてみればたどり着ける算段ができることも多いです。お買い物をする際、分割払いの合計額を計算し、総支払額で検討することも大切ですね。

 分割したり、まとめたり、という両方の視点をもって、取り組むべきことには現実的な指標を、お買い物には慎重な判断をできるようになると有利です。