もう、うんざり!いやいや仕事をする人に試してほしいマンネリ脱出法

楽しく働くための社内政治力

写真はイメージです

 30歳前後から、女性にはいろんな変化の波が押し寄せます。ライフイベントでは結婚・妊娠・出産など、仕事ではキャリアアップ・転職など。その時々で何を優先するのか、様々な選択を迫られる世代です。

 一方で、変化の波を自分から起こすことも時には必要。自分に「刺激」を与えることが楽しく働く秘訣ひけつです。

 30代の頃の私は、毎日同じことの繰り返しのルーチン業務にうんざりしていました。だけど、せっかく築いた居心地のよい空間から出るのはおっくうでもありました。新しい行動を起こせば面倒なことが待ち受けているのはわかっているので、腰が重くなります。でも、イキイキと輝いている同僚を見ると、「私はこのままでいいのだろうか」と焦ってもいました。

 当時、外資系銀行のクレジットカード部門のクレーム処理係でしたが、「経理課の仕事をしたい!」という希望がありました。でも、経理課にはMBA(経営学修士)ホルダーのような優秀な人が集まっています。学歴も資格もない私などが入れる部署じゃない――と、あきらめていました。コンプレックスの壁を破れず、いやいやクレーム処理の仕事をしていました。

マニュアルと違うアクションを起こしてみる

 そんなある日、お客様から1通のクレームの手紙を受け取りました。

 「カード紛失時に電話のたらい回しにあった。この際退会したいので書類を至急送ってほしい」と、手書きで丁寧な文字で書かれていました。普通なら、マニュアル通り、お客様に退会届の書類を送ればいいのですが……。このときふと、「丁寧な手紙には丁寧に返事を出すべきでは?」と思いついたのです。私は万年筆でび状を書き、退会届といっしょに送りました。

 1週間後、そのお客様から絵はがきが届きました。そこには、詫び状へのお礼と、退会を見合わせると書いてありました。心底、うれしかった! 私はお客様から「がんばれ!」のエールを受け取ったのです。「この会社でまだ貢献できるかもしれない!」とエネルギーがあふれてきました。

 いつものクレーム処理の仕事に、ほんの少しのプラスαをしたことで、仕事への情熱を取り戻したのです。

ときには、本音を口に出すことがキャリアアップにつながる

 「やる気」が出た私は、上司に「経理課へ行きたい」という本音をぶつけることができました。「私も、君はクレーム処理の仕事に向いていないと思っていました」。上司の思いがけない反応に驚きました。クレームの相手の話を聞き過ぎて時間をとってしまう私に、上司も困っていたようでした。やはり大切なのは「Speak Out(思い切って言う)」。どんなボールでもこちらから投げないことには、人を動かすことはできません。小さなアイデアでも行動に移せば、霧がかかったように見えた日常に光が差しこむことがあるのです。

 いつもと違う行動が、自分を変えるきっかけになる。

関下昌代
関下昌代(せきした・まさよ)
著作家・キャリアカウンセラー

 亜細亜大学非常勤講師。熊本市生まれ。高校卒業後、住友信託銀行に就職。以後、派遣、臨時職員でテレビ熊本、熊本県庁などで勤務した。1989年シティバンク銀行に転職。いくつかの業務部を経て、2001年人事本部人材開発課に異動。社員研修プログラムの企画、社内講師役を務める。2009年3月、立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士号取得。同11月末シティバンク銀行を退職。2011年4月より大学でビジネスマナーやコミュニケーションの科目を担当。著書に「伸びる女の社内政治力」(さくら舎)、「伸びる女(ひと)と伸び悩む女の習慣」(明日香出版社)「伸びている女性がやっている感情整理の新ルール」(KADOKAWA)、「シティバンク人事部で私が学んだ一生使える「気づかいの基本」が身につく本」(大和出版)「仕事も人間関係もうまくいく!マナードリル」(総合法令出版)「反学歴の成功法則」(経済界)などがある。

伸び悩む女の独りごと~異文化の交差点