家賃無料の「フリーレント」、本当にお得?

幸せを引き寄せるマネー術

 部屋探しをしていると、“フリーレント物件”を見つけることがあります。一定期間の家賃が無料になる物件のことで、「1か月フリーレント」なら1か月分の家賃不要、という意味。お得だと感じがちですが、本当に有利なのでしょうか。

全体で帳尻が合うようになっている

 フリーレント物件を見つけた時に注意したいのは、長期間住んだ時の合計で支払う金額です。周辺の類似物件よりも家賃が数千円高く、合計で考えると総額は同程度ということもあります。

 例えば、周辺の類似物件Aが家賃6万円で、フリーレントが2か月ついた物件Bの家賃が6万3000円の場合、4年間での合計金額はAでは288万円(6万円×48か月)ですが、Bでは289万8000円(6万3000円×46か月)となります。

 家賃はフリーレントや礼金、管理費・共益費、更新料などの組み合わせで、オーナーが得る収入全体の帳尻を合わせている側面があります。

 フリーレント物件は、家計として初期費を抑えたいという時にはうれしい選択肢になりますが、長期的にみると、必ずしもお得ではないケースもあることを知っておきましょう。一定期間以上退去ができない契約になっている場合もあります。

4年の支払い総額で考える“めやす賃料”

 賃貸住宅市場の整備を目指す公益財団法人「日本賃貸住宅管理協会」では、4年間借りた場合の1か月あたりの金額を“めやす賃料”と定義しています。賃料の比較をしやすいように、4年間でかかる総額を48か月で割り、1か月あたりの費用で比べてみようという考え方です。不動産会社や賃貸検索サイトにも表記されていることがあります。

 めやす賃料には、賃料、共益費・管理費、敷引金(主に西日本)、礼金、更新料を含めて計算します。逆に仲介手数料、鍵交換費用、保証委託料、家財保険料などは含めません。

 めやす賃料を参考にするのも良いですし、同様の考え方で、実際に住む予定の期間で、仲介手数料や鍵交換費用も含めて計算してみるのも良いかもしれません。

 複雑に感じる家賃も、総額での比較であれば、判断しやすくなりそうですね。

風呂内亜矢
風呂内亜矢(ふろうち・あや)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)CFP®認定者、宅 地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

 26歳(独身)のとき、貯金80万円で自宅用マンションを衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかることを知り、 あわてて貯金とお金の勉強を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。 マンション購入をきっかけに転職したマンション販売会社では年間売上1位の実績を上げ、 2013年からはファイナンシャルプランナーとして独立。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。 著書に『その節約はキケンです』(祥伝社)、『デキる女は「抜け目」ない』(あさ出版)などがある。ツイッター:@furouchiaya、LINE@:@furouchi  

http://www.furouchi.com/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

図解でわかる! 投資信託 / 風呂内亜矢
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/9/11時点)