言うことがコロコロ変わる上司の対処法

楽しく働くための社内政治力

写真はイメージです

 上司への信頼が揺らぐとき、「この上司の下で働いていて大丈夫なのかしら?」と不安に感じるものです。外資系銀行時代、チームリーダーをしていた30代の時こんな経験をしました。

 新しい送金システムをようやくチームメンバー全員がマスターし、事務処理がスムーズに流れてきた頃。上司から「送金システムを海外に移すことになった」と言われ、相当な時間をかけ、海外の社員と連絡を取り合い、どうにか移し終えました。ところが、今度は「やっぱり前のやりかたに戻して」と指示され、キレました。

 「部下を何だと思っているんですか!!」

 変更のたびに長時間の残業になり、私たちは疲弊していたのです。私の反抗的な態度に上司も面白くなかったのでしょう。それまで“face to face”で会話をしていたのに、仕事の指示はメールが飛んでくるだけに。メールの文面だけでは仕事の内容や緊急性が伝わらず、つい放置していたら、さらに残業をしなければならない事態に追い込まれました。結局、私の部下に更なる負担をかけることになってしまいました。いったい私はどうすればよかったのでしょう。

上司の説明不足はこちらから補う

 組織である以上、上司の命令には従わなくてはいけません。それは、あなたの上司も同じことです。さらに上からの指示に従っているのかもしれません。いきなり、「えーっ! また変更ですか?」と部下が嫌な顔をすれば、上司は板挟み状態になり、気分は急降下します。会社の方針は、トップの交代、業界の動向などの環境の変化によって変わっていくのです。

 ここは冷静になって「なぜ、この仕事をする必要があるのか?」「なぜ今までと違うやり方をする必要があるのか?」と質問し、仕事の意味・必要性・緊急性を理解し、納得する必要があります。上司の説明不足はこちらから補うのです。上司と会社のゴールを共有し、同じ方向を向いてみましょう。自分の仕事の目的が明確になれば、あとは淡々とやるだけ!

 イラつく上司は「反面教師」。イラッときたら、自分を戒めましょう。「こんな上司にはならないぞ!」。自分の部下には、仕事の内容と重要性をきちんと説明し、納得がいくまで話し合いましょう。ダメな上司の弱いところを補うような働き方をすれば、上司に感謝され、ほかの人たちからも信頼され、味方を増やすことになるでしょう。
 
 上司に依存や期待はするべきでない。

関下昌代
関下昌代(せきした・まさよ)
著作家・キャリアカウンセラー

 亜細亜大学非常勤講師。熊本市生まれ。高校卒業後、住友信託銀行に就職。以後、派遣、臨時職員でテレビ熊本、熊本県庁などで勤務した。1989年シティバンク銀行に転職。いくつかの業務部を経て、2001年人事本部人材開発課に異動。社員研修プログラムの企画、社内講師役を務める。2009年3月、立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士号取得。同11月末シティバンク銀行を退職。2011年4月より大学でビジネスマナーやコミュニケーションの科目を担当。著書に「伸びる女の社内政治力」(さくら舎)、「伸びる女(ひと)と伸び悩む女の習慣」(明日香出版社)「伸びている女性がやっている感情整理の新ルール」(KADOKAWA)、「シティバンク人事部で私が学んだ一生使える「気づかいの基本」が身につく本」(大和出版)「仕事も人間関係もうまくいく!マナードリル」(総合法令出版)「反学歴の成功法則」(経済界)などがある。

伸び悩む女の独りごと~異文化の交差点