機嫌がいいと思ったら、いきなりキレる 感情の起伏が激しい上司の対処法

楽しく働くための社内政治力

写真はイメージです

 「僕にプレッシャーをかける気か!?」

 突然、上司から怒鳴どなられショックを受けたことがあります。30代の銀行員だった頃、よかれと思って取った言動が上司の逆鱗げきりんに触れたのです。

 その日の午前中、上司はとても機嫌よく見えました。私は「きょうは機嫌がいいみたい。書類の確認をしてもらおう!」と思ったのです。午後一番のタイミングで、「これをチェックしてくださ~い♪」と明るい感じで、上司の机の上に書類の束をドサッと置いたら……。怒鳴られたわけです。

 午後になって、何かの拍子にイライラし始めた上司は機嫌も最悪。よく見ると、机の上もペーパー類で雑然としていました。机の上が乱雑になるのは不機嫌の兆しです。よく観察してから、行動を起こすべきでした。

 日によって、時間によって、気分の変わる上司は扱いにくいです。突然、怒鳴り出すような、情緒の不安定な上司も困りものです。とくに、上司にとってあまりうれしくない報告をする場合、地雷を踏まないように、顔色をうかがうのも社内処世術です。

 感情に起伏がある上司の対処法として、「音に敏感になる」「何にキレるのか知っておく」ことが重要です。

 上司の行動に敏感になる

 朝のあいさつの声、部下を呼ぶときの口調、受話器をガシャン!と置く音など、声のトーンや振る舞いで上司の機嫌がわかります。こういうときは、できるだけそっとしておきましょう。どうしても確認してほしい書類があるときは、あたたかい飲み物を出してあげましょう。とくにお茶には気持ちを落ち着かせる効果もあるそうです。気分の波が激しいのなら、そのうち落ち着きます。そのときを見逃さず、書類を渡せばいいのです。

上司が不機嫌になる理由は何?

 上司が何に不満なのか。なぜ感情を害しているのか。どんなことがあると、怒り出すのか。プライベートなのか、仕事のせいなのか。その背景を知ることが大事。原因がクリアになれば、不機嫌の火に油を注がずにすみます。

 不機嫌な上司にあえて近づくという方法もあります。

 上司もプライドが傷ついたり、自信を失ったりして、くよくよすることがあります。怒鳴ることで、自分の弱さを表に出して、部下に助けを求めているのかもしれません。「何かあったんですか?」と聞いて、上司の愚痴に耳を傾けると、意外な展開がありかもしれません。何をサポートすれば上司の気分がよくなるのかを知って、フォロアーシップを発揮しましょう。上司のピンチがあなたのチャンスになるかもしれません。

 上司の感情に振り回されない。機嫌の悪い時を見極めよう。

関下昌代
関下昌代(せきした・まさよ)
著作家・キャリアカウンセラー

 亜細亜大学非常勤講師。熊本市生まれ。高校卒業後、住友信託銀行に就職。以後、派遣、臨時職員でテレビ熊本、熊本県庁などで勤務した。1989年シティバンク銀行に転職。いくつかの業務部を経て、2001年人事本部人材開発課に異動。社員研修プログラムの企画、社内講師役を務める。2009年3月、立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士号取得。同11月末シティバンク銀行を退職。2011年4月より大学でビジネスマナーやコミュニケーションの科目を担当。著書に「伸びる女の社内政治力」(さくら舎)、「伸びる女(ひと)と伸び悩む女の習慣」(明日香出版社)「伸びている女性がやっている感情整理の新ルール」(KADOKAWA)、「シティバンク人事部で私が学んだ一生使える「気づかいの基本」が身につく本」(大和出版)「仕事も人間関係もうまくいく!マナードリル」(総合法令出版)「反学歴の成功法則」(経済界)などがある。

伸び悩む女の独りごと~異文化の交差点