割り勘でポイントをためる、キャッシュレスのオトク

幸せを引き寄せるマネー術

 食事会や飲み会の精算で、大きな金額のお札しかないと時間がかかってしまいます。せっかくの楽しい気分を損なわないために、スマートに割り勘をするキャッシュレスサービスが続々と提供されています。中には割り勘分をクレジットカードで支払うことができ、カードのポイントがつくものも。使い勝手がそれぞれ違うので、自分に合うものを選ぶと便利です。

LINE Payでも割り勘ができる

 本コラムで過去に紹介したLINE Payカード。どこで使っても一律2%ものポイント還元があるプリペイドカードです。「LINE Payカード」がリリースされたのは2016年3月と比較的最近ですが、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」は、2014年12月から提供されています。

 LINE Payを使うと、LINEでつながっている人に送金できます。普段からLINE Payカードで支払いをしている人同士で飲みに行った場合、割り勘のやりとりをLINE Payで行うのも良いでしょう。参加した1人のアカウントにお金を集め、その人が取りまとめて代金を支払えば、財布からお金を取り出したり、数えたりすることもなく、スマートに精算できます。参加者が割り勘分を送金すると、支払った人のLINE Payの残高が増える仕組みです。

 支払いにLINE Payカードを使うと2%のポイントも獲得できます。ポイントは、カードを使った時のみに付与されて、各自がLINE Payで送金をした金額にはポイントは付きませんのでご注意を。

割り勘でもカードのポイントが付与される

 幹事以外の人もクレジットカードのポイントをためられる「paymo(ペイモ)」や「Kyash(キャッシュ)」というサービスもあります。

 まず、幹事は総額をクレジットカードで支払い、参加者に対してpaymoやKyashを使って割り勘分を請求します。参加者はアプリ上で代金を支払うのですが、その際に「クレジットカード決済」を選択すれば、クレジットカードのポイントも獲得できます。

 幹事と参加者とのお金のやりとりは、アプリを介して行われ、オンライン上で幹事の残高が増える仕組みです。

 受け取ったお金を現金化するにはそれぞれ違いがあります。paymoの場合、現金で引き出す場合は手数料200円を支払えば、指定した銀行口座に振り込まれます。LINE Payも同様で、現金として口座に振り込む場合、216円の手数料がかかります。

 Kyashでは現金での引き出しはできませんが、Visaのバーチャルカード(入金式の電子マネー)が発行されるので、ネットショッピングの利用やモバイルSuicaのチャージなどに利用できます。

 いずれのサービスもアプリなどをダウンロードして登録することが前提です。個人間送金サービスは自分1人で使うものではないため、身の回りの人たちが使っているサービスを優先的に使うことになるでしょう。周りに使っている人が増えてきたら、挑戦してみると、お得で便利になるかもしれません。

風呂内亜矢
風呂内亜矢(ふろうち・あや)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)CFP®認定者、宅 地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

 26歳(独身)のとき、貯金80万円で自宅用マンションを衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかることを知り、 あわてて貯金とお金の勉強を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。 マンション購入をきっかけに転職したマンション販売会社では年間売上1位の実績を上げ、 2013年からはファイナンシャルプランナーとして独立。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。 著書に『その節約はキケンです』(祥伝社)、『デキる女は「抜け目」ない』(あさ出版)などがある。ツイッター:@furouchiaya、LINE@:@furouchi  

http://www.furouchi.com/