目指せ“チリツモ”! 小銭やお釣りで投資ができる新サービス

幸せを引き寄せるマネー術

 「投資をしたいな」と思っても「まとまったお金がないからダメ」と思っていませんか。最近は100円から投資信託を購入できる証券口座が登場し、買い物の「お釣り」の小銭やクレジットカードのポイントを投資に回す仕組みもあります。ちりも積もれば山となる少額投資の資産形成を紹介します。

100円から買える投資信託

 投資信託は、出資者から集めたお金を運用会社が株式や債券に投資し、その利益を分け合う仕組み。通常購入の場合、最低金額は500円~1万円という証券会社が大半でした。しかし今年、SBI証券や楽天証券、マネックス証券などが、投資信託の最低購入価格を100円に引き下げました。価格変動がある金融商品に挑戦することに抵抗があった人も、100円であれば買ってみようと思えるかもしれません。

 投資信託の購入方法には「積立」と「スポット」(通常購入や金額買い付けとも呼ばれます)がありますが、例に挙げた3証券会社ではどちらの購入方法でも100円から購入ができます。

 買い物と投資をリンクさせたサービスもあります。セゾンカードには、ためているポイントを運用に回し、投資信託の値動きに合わせてポイント数が増減する仕組みがあります。ただし、投資信託を保有するわけではないので、「投資の疑似体験」のようなサービスです。

 一方、インヴァストカードで買い物をすると、利用額の1%がポイントになり、毎月キャッシュバックされて、インヴァストの口座に現金で入金されます。その残高が最低投資金額以上になると自動的に上場投資信託(ETF)の運用に回ります。

 楽天証券では、楽天ポイントを使って投資信託を購入できるサービスを今月下旬から開始する予定で、投資のハードルはかなり下がってきています。

お釣りでも貯金や投資ができる

 日々のお買い物で生じる「お釣り」を、貯蓄や投資に生かすサービスも生まれています。

 自動貯金サービス「finbee(フィンビー)」は、銀行口座(現在は住信SBIネット銀行のみ)と連携していて、たとえば490円の買い物をした際、支払額が500円ならお釣りに相当する10円を貯蓄専用口座に自動的に振り分けます(お釣りとみなす単位は設定できます)。また、自分の歩数と連動させる「歩数貯金」では、1日の目標歩数を設定しておき、「1万歩を歩かなければ300円貯金」「1万歩以上歩いたら1000円貯金」など、健康的に自分で貯金ルールを設定することもできます。

 お釣りを使って投資するサービスも始まっています。「トラノコ」や「マメタス」といったスマートフォンアプリでは、利用者があらかじめ「100円」「500円」「1000円」の単位を設定。クレジットカードや電子マネーなどで買い物をした時に、設定単位の端数額の「お釣り」を月に1回とりまとめて自動で投資を行います。

 お釣り投資については手数料が高めであることや、利用するために満たすべき条件(既に30万円以上の運用を任せているなど)がやや厳しいため、動向を見守りながら慎重に検討するのが良いでしょう。

 長期的な資産形成を考えると、少しずつ貯蓄額や投資額を増やしていく必要はありますが、少額からスタートできることで、はじめの一歩を踏み出しやすくなっています。

 お金習慣を見直す際、新サービスを味方につけるのも良いかもしれませんね。

風呂内亜矢
風呂内亜矢(ふろうち・あや)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)CFP®認定者、宅 地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

 26歳(独身)のとき、貯金80万円で自宅用マンションを衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかることを知り、 あわてて貯金とお金の勉強を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。 マンション購入をきっかけに転職したマンション販売会社では年間売上1位の実績を上げ、 2013年からはファイナンシャルプランナーとして独立。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。 著書に『その節約はキケンです』(祥伝社)、『デキる女は「抜け目」ない』(あさ出版)などがある。ツイッター:@furouchiaya、LINE@:@furouchi  

http://www.furouchi.com/