家計簿もアプリでつければ、お金の節約も手軽にできる!

幸せを引き寄せるマネー術

 家計簿というと、「つけるのが面倒」「毎日は続けられない」と、苦手意識を持っている方がいるかもしれません。そんな人もアプリを使えば、家計簿に取り組みやすくなるのでは。金額の入力自体も楽になりますし、データ連携をすれば自分で書き込まなくても自動化されます。手間をかけずに毎月の収支を把握できるとうれしいですね。

手入力、レシート撮影、データ連携などさまざまなやり方で

 家計簿アプリの主な入力方法は手入力、レシート撮影、データ連携の三つです。

 まず、手入力は買い物の都度、自分で入力する方法。電車に乗っている間などの隙間時間を利用して入力できるため、記帳の負担をぐっと軽減できます。

 レシート撮影は、レシートの写真を撮って、その画像から文字を読み取り(OCR読み取り)入力するやり方。通常は自動読み取り機能が多いのですが、「Dr.Wallet(ドクターウォレット)」は届いた画像の内容をオペレーターが目視確認し、手入力してデータにしています。

 データ連携は、銀行口座やクレジットカードなどからデータを取得する方法です。日々、連携を設定した各金融機関から残高や入出金履歴を集計するため、自分で入力しなくても、記録されます。「MoneyForward(マネーフォワード)」や「Moneytree(マネーツリー)」などが有名ですが、多くのアプリに搭載されている機能です。

 家計の見直しは、「家計簿をつけること」でできるのではなく、「記録した結果を振り返り、改善策を実行する」ことで実現します。ということは、アプリを使って“面倒な”記帳のプロセスを軽減できれば、その分、振り返りや分析に時間を割くことができるわけです。

家計簿アプリ、事業者が登録制に

 データ連携については、アプリに銀行口座やクレジットカード情報を入力するため、セキュリティーが気になる方もいるかもしれません。「パスワードをこまめに変える」「お金の流れがある口座だけを連携させて貯蓄口座は連携させない」など、使い方を工夫しましょう。

 また、この5月に銀行法が改正され、家計簿アプリの事業者を登録制にすることが決まりました。1年以内に施行され、銀行などの金融機関側と家計簿アプリ事業者が契約を結んで、情報のやりとりや損害賠償責任を分担するなど、サービスを安心して使える環境に向かっています。

 制度改正を見守りながら使い方を工夫して、手間をかけずに安全に家計の現状が把握できれば理想的ですね。

風呂内亜矢
風呂内亜矢(ふろうち・あや)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)CFP®認定者、宅 地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

 26歳(独身)のとき、貯金80万円で自宅用マンションを衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかることを知り、 あわてて貯金とお金の勉強を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。 マンション購入をきっかけに転職したマンション販売会社では年間売上1位の実績を上げ、 2013年からはファイナンシャルプランナーとして独立。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。 著書に『その節約はキケンです』(祥伝社)、『デキる女は「抜け目」ない』(あさ出版)などがある。ツイッター:@furouchiaya、LINE@:@furouchi  

http://www.furouchi.com/