LCCでプチ贅沢、ワンランク上のシートで旅へ

幸せを引き寄せるマネー術

 夏休みに海外旅行を計画している方も多いかもしれません。交通費をなるべく抑えて目的地へ行くには、格安航空会社(LCC)という選択肢が浮上します。LCCといえば全席エコノミークラスの印象がありますが、大手LCCではワンランク上のシートもあります。

 私も先日、LCCの一つ、エアアジアXでインドネシアのバリ島に出かけてきました。

片道はフルフラットシート 成田―バリ往復5万5000円

 今年5月に成田―バリ間の直行便を就航したエアアジアX。その就航を記念して「片道9900円から」というキャンペーンを実施していました。もともとは一番お得な「9900円」で乗れる日程を選ぼうと思っていたのですが、シートマップに“プレミアムフラットベッド 約3万6000円”という文字を発見。フライトが約7時間なので、ゆっくり横になれるシートが良いのではないかと思い、往路だけ「プレミアムフラットベッド」にしてみました。

 帰りは「クワイエットゾーン」の「ホットシート」を追加料金で指定しました。「クワイエットゾーン」とはノイズを最小限に抑えた静かなゾーンで、特別照明が付いている座席です。「ホットシート」は最前列のことだそうです。空港利用料やクレジットカードの使用料などを含めて往復で約5万5000円でした。

広さは大満足、日程によっては必ずしも安くない

 乗ってみた感想ですが、この価格でフライト中に体を伸ばしリラックスできるのは、とても魅力的でした。シートだけで考えると、ビジネスクラスのような印象です。預け入れ荷物も40キロまで可能で、食事とウェルカムドリンク(ソフトドリンク)も付いていました。

 ビジネスクラス級のシートですがモニターは付いていないので、映画などは見られません。食事も復路(エコノミー)にオプションで付けたものと同等のため、一般的なビジネスクラスとは付加価値の点では違いがあります。

 また、違う日だと、同様のシートが片道約15万円に設定されていることもあるようで、通常のビジネスクラスよりは割安かもしれませんが、それなりの金額になる便もありました。

 しかし、今まであった「LCCは狭くて長距離に向かない」という印象は変わりました。

 LCCではキャンペーンもよく実施されているため、日程や目的地にあえば、ビジネスクラス級のシートも含めて検討すると良さそうです。

 そういえば以前、旅の達人が「行きたいところに旅に出るのではなく、お得なプランが出たところに旅に出るのがおすすめですよ」と教えてくれました。年間予算だけは決めておいて、旅についてはそうした選び方も有効かもしれません。

風呂内亜矢
風呂内亜矢(ふろうち・あや)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)CFP®認定者、宅 地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

 26歳(独身)のとき、貯金80万円で自宅用マンションを衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかることを知り、 あわてて貯金とお金の勉強を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。 マンション購入をきっかけに転職したマンション販売会社では年間売上1位の実績を上げ、 2013年からはファイナンシャルプランナーとして独立。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。 著書に『その節約はキケンです』(祥伝社)、『デキる女は「抜け目」ない』(あさ出版)などがある。ツイッター:@furouchiaya、LINE@:@furouchi  

http://www.furouchi.com/