レディファーストは受ける側にも礼儀が必要

上流のたしなみ

 レディファーストという言葉を聞いたことがあると思います。元々は中世の騎士道精神から生まれた習慣で、欧米ではマナーの根幹であり、当たり前のように男性が女性をエスコートします。そして、女性もごく自然にエスコートされています。

 パリのルーブル美術館で、幼稚園くらいのかわいい男の子がドアを押さえて私をエスコートしてくれたことがありました。欧米では幼い頃からマナーが身についているのですね。

 それに比べ、日本人の多くはエスコートに不慣れです。苦手なのは男性だけではありません。女性もエスコートされることに戸惑ったり、遠慮して尻込みしたりすることもあるようです。グローバルな社会で活躍する女性たちこそ、エスコートされたら、素直に「ありがとう」と応えましょう。レディファーストと扱われる側にも、礼儀とたしなみが必要なのです。

 今回は、プロトコールにおいてのエスコートを「する側」と「受ける側」のマナーについてお伝えします。

大切なのは、エスコートする相手を思いやる心

 レディファーストは女性をエスコートするマナーですが、受ける側を“女性”とするのは、プライベートでのこと。ビジネスの場ではレディファーストではなく、社会的立場の上位者をエスコートします。ですから、女性が男性をエスコートする場合もあるわけです。日常の振る舞いの中から例をあげて説明いたしましょう。

◇エレベーターの乗り降り

 エレベーターの乗降はどうされていますか? あなたがお客様や上司とエレベーターに
同乗する場合を想定してみましょう。

 エスコートする側のあなたが先に乗って危険はないかどうか確認してから、上位者を通します。操作ボタンの前に立ち、ドアの開け閉めを操作しましょう。エレベーターなどの乗り物は安全を期するために先に乗るので、失礼にはなりません。降りる際は、上位者を先にします。上位者の滞在時間を少しでも短くするという考え方に基づくマナーでもあります。

◇エスカレーターや階段

 エスカレーターや階段では、上位者がバランスを崩しても、とっさに支えることができるように、昇りは上位者の後ろ、下りは前に乗ります。廊下を歩く際は、上位者の左側ななめ前に立ってエスコートします。

 屋外を歩く場合は、あなたが車道側、上位者が内側を歩くというのが一般的です。歩いているとき、上位者のペースに合わせる配慮も大切。エスコートする側が上位者を置いてきぼりにするのは論外です。

◇レストランで店員がいない場合

 お客様を会食にお招きすることもあるでしょう。レストランでは、案内役の店員が一番前、次に上位者、あなたが最後に歩きます。店員がいない場合は、あなたが上位者を席までエスコートします。

 車でのエスコートにも触れておきましょう。国や状況によってルールも様々ですが、原則として、運転手の席が左右どちらでも、後ろの右側の席が最上席になります。プロトコール(国際儀礼)では、ドアマンがいない場合、上位者が先に乗車します。降車はエスコートする側が先で、上位者があとです。

 「あなた」が男性でも女性でも、上位者に対して敬意を表し、大切な人を守るという気持ちでエスコートしましょう。一見、堅苦しく思えるかもしれませんが、そこにあるのは相手を思いやる心です。人を大切にする温かい心が「プロトコール」の基本でもあります。

 (取材/高谷治美)

上月マリア
上月マリア(こうづき・まりあ)
紳士淑女教育家

 一般社団法人日本プロトコール&マナーズ協会理事長/ノブレス・オブリージュアカデミー校長。1992年、日本の真の国際化を目的として紳士・淑女教育サロンを開設。受講生は述べ30000名を超える。2003年、日本文化振興会「社会文化功労賞」受賞。同年、協会とアカデミーを設立。06年、ローマ法皇より福音書簡拝受。2012年、中国中央政府より招聘され企業家ら308名に国際マナーの講演を行う。【著書】『日本人の礼儀』(あさ出版)『皇室に学ぶプリンセス・マナー』(大和書房)他多数。【主な講義】11年~17年(公財)日本オリンピック委員会主催「JOC国際人養成アカデミー」、17年「第49回ミス日本コンテストファイナリスト勉強会」ほか多数。

ノブレス・オブリージュアカデミー