「ふるさと納税」のお得分、税額通知書でチェック

幸せを引き寄せるマネー術

 会社経由で自治体の税額決定通知書を受け取りましたか?  例年6月ごろに今後1年間の住民税額が通知されます。昨年初めて「ふるさと納税」を行った人は、1年前の給与明細の住民税と比較してみてください。もちろん額の個人差はありますが、住民税額が変わっているはずです。

ふるさと納税の減税は3ステップ

 応援したい自治体に寄付すると、翌年の住民税やその年の所得税が軽くなる「ふるさと納税」。善意の寄付で地方の財政を助け、活性化を後押しすることを目的に2008年度から導入されました。原則として、寄付した総額から自己負担2000円を差し引いた分の税額が安くなります。

 各自治体の返礼品に注目が集まり、実質2000円の自己負担で多彩な品が届くと人気です。ただ、寄付には上限があり、自己負担額が2000円を超えてしまう場合もあります。では、いったいいくらまでがお得なのかを考えてみます。

(参考)総務省ふるさと納税ポータルサイト

 ふるさと納税の減税方法は、実は三つのステップで行われます。(表参照)

 年収400万円の人が1万円を寄付した場合で考えてみましょう。住民税率は一律10%ですが、所得によって変わる所得税率は、5%として計算してみます。

 ■ステップ1:ふるさと納税額1万円から2000円を除いた8000円が税金の控除額。そのうち、所得税からの控除は8000円×5%(所得税の税額)で400円になる

 ■ステップ2:住民税からの控除には「基本分」と「特例分」(ふるさと納税にのみ適用される制度)がある。まず住民税の「基本分」は、800円[8000円×10%]減税される

 ■ステップ3:住民税「特例分」の計算は、8000円×(100%-5%[所得税の税率]-10%[住民税の税率])で、所得税率、住民税率を差し引いた6800円が減税(税額控除)される

 なお、ステップ3での計算で、この特例分の金額が住民税所得割額の2割を超える場合は計算式が変わり、ステップ1,2,3の3つの控除を合計しても(ふるさと納税額-2000円)の全額は控除されず、実質負担額は2000円を超えることになります。ですので、効率的なふるさと納税額は住民税のおよそ2割と言われます。

 総務省のふるさと納税ポータルサイトに、自己負担分の2000円を除いた全額が控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安が公開されています。あくまでも目安ですが、自分の給与収入と家族構成からおおまかな金額が導き出せます。

減税分は12分割で戻ってくるので、意識せず使ってしまうかも

 確定申告で減税を受ける場合、所得税は一時金として還付されますが、住民税は翌年6月からの住民税額が減額される形で戻ってきます。

 また給与所得者の場合、確定申告の手続きなしで税の控除が受けられる「ワンストップ特例」という制度があります。これは、寄付先の各自治体に特例適用の申請書を提出しておくことが必要で、5団体までという制限があります。この場合、所得税からの控除は行われず、その分も含めた控除額の全額が翌年度の住民税から控除されます。

 住民税は翌年の6月から12分割で戻ってくることになります。先ほどの例では、一度に8000円が戻ってくるわけでなく、8000円の12分割で、毎月約670円の住民税の減税となるわけです。本来の手取り額より“お給料が増える”ように見えるため、「なぜか最近手取りが増えたな」という感覚で無意識に消費してしまう可能性も高いです。

 昨年ふるさと納税をした人は、今月からの住民税の金額に注意を払いたいですね。

風呂内亜矢
風呂内亜矢(ふろうち・あや)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)CFP®認定者、宅 地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

 26歳(独身)のとき、貯金80万円で自宅用マンションを衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかることを知り、 あわてて貯金とお金の勉強を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。 マンション購入をきっかけに転職したマンション販売会社では年間売上1位の実績を上げ、 2013年からはファイナンシャルプランナーとして独立。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。 著書に『その節約はキケンです』(祥伝社)、『デキる女は「抜け目」ない』(あさ出版)などがある。ツイッター:@furouchiaya、LINE@:@furouchi  

http://www.furouchi.com/