あなたの成熟度と知性が問われる 仕事で成功する話し方

脱かわいい 大人の作法

 初対面のときに、仕事力が最もダイレクトに表れるのは「話し方」です。大人の女性にふさわしい「話し方」について考えてみましょう。

何よりも大事なのは、あなたのビジョン

 話し方には、その人の成熟度と知性が、そのまま伝わります。あなたは話すときに、「あれ」とか「これ」とか、代名詞を多用していませんか? 略語を交えたり、語尾を伸ばしたりしていませんか? 日常会話なら許されても、職場で子どものような甘えた話し方をするのは、かなり、みっともないと思ってください。とはいえ、話し方は学ぶ機会もなかなかありませんし、「意識」しないと変えられないものです。

 まずは、年齢にふさわしい「話し方」はどんなものか、三つの点から考えてみましょう。

(1)低めの声で話す
 普段より、少し低めの声を出してみましょう。日本人の女性は海外の女性と比べて、声が高い傾向にあります。高めの声は場を明るくしますが、ビジネスでは説得力に欠けます。
 発声の時、おなかのみぞおちのあたりに力を入れて、意識すると落ち着いた低い声が出しやすくなります。

(2)余裕を持って話す
 余裕を持った話し方をしましょう。相手の状況を見ながら、話を進めることです。つい一生懸命になり、自分の話したいことだけを一方的にまくし立てる人がいます。これでは、相手との距離がどんどん離れていきます。

(3)自分のビジョンを持って話す
 あらかじめ、どのように話すか、組み立て方を考えましょう。何をいちばん伝えたいのか、話の軸を決めて整理整頓してから、話し始めましょう。内容をコンパクトにスッキリ伝えられたら、説得力が出ます。何の展望もなくダラダラ話すと、要点がぼんやりして、雑談のようになります。

 会話術を頭で覚えても、とっさには出てこないものです。付け焼き刃では、ぼろが出ます。職場や仕事先で「すてきな話し方」をするお手本を見つけたら、どんどんまねしましょう。上司や先輩は、あなたのかがみになるはずです。また、世代の違う人、立場の違う人、社外で出会った人など、さまざまな人と交流することで会話術を磨きましょう。気の合った友人とのおしゃべりだけでは、大人の女性にふさわしい会話術は身に付きません。

 30代はお手本になるべき世代です。あなたを見ている後輩もいるはず。「いい年をして、こんな話し方しかできないの?」と思われないように、すてきな先輩としてお手本になれるように、切磋琢磨せっさたくましてください。

清水彰子
清水彰子(しみず・あきこ)
マナー&キャリアコンサルタント

 トランスアジアオフィス TAO 代表取締役。放送業界で番組制作に携わった後、結婚。十数年を海外で過ごし、帰国後に社交マナーやコミュニケーションを中心に、企業研修のコンサルタントとして活躍。ジョン・ロバート・パワーズスクール東京校校長を経て、セイバイアキコを立ち上げる。ミス日本、ミスユニバースJAPANの教育・指導および審査員を担当。著書に「いちばん綺麗なあなたを見つける」(リヨン社)、「気品のコツ 品格ある女性のマナーブック」(海竜社)など。

SEI BY AKIKO