どれがおトク? 持つべきクレジットカードの選び方

幸せを引き寄せるマネー術

 一括払いなど支払い方法を変えてお得になるサービスを前回紹介しましたが、普段使うクレジットカードを見直すと、年間数万円がお得になるかもしれません。

基本は年会費無料、どこで使っても1%以上のカード

 いままで何を“決め手”にしてクレジットカードを選んでいましたか。カード発行会社? 年会費? それとも付加価値ですか?

 選ぶ際、分かりやすさのダントツトップは“ポイント還元率”です。たとえば、100円使って、1円相当のポイントがつくカードだと、ポイント還元率は1%です。一方、同じ1円相当のポイントを得るためでも200円の支払いが必要なカードの還元率は0.5%となります。

 ですので、クレジットカード選びの原則は、「年会費無料で、どこで使っても1%以上のポイント還元率があるカード」です。

 “どこで使っても”という意味は、「特定の店舗で利用する時は5%のポイント還元率があるけれど、その他の店舗では0.5%になる」といったカードが多いからです。該当する特定の店舗での買い物が突出して多い場合(今回の還元率で言えば、全体のお買い物額の12%以上)、こうしたカードを選択することもOKです。ですが、もし複数の店舗でカードを使う予定があり、そのうちの1つが飛びぬけていなければ、一律でポイント還元率が高い方がトータルで獲得できるポイント数は多くなります。

 “使わなくなってカード解約を忘れてしまう”などの状況を避けるためにも、カードの年会費は無料の方がうれしいですね。

ポイント還元の下限がある

 手持ちのクレジットカードが何枚もあると、もらえるポイントも分散します。クレジットカードのポイントには「500ポイント以上で500円相当の支払いにあてられる」といった下限が設けられていることも多いのをご存じでしょうか。

 そのため、還元を受けるポイントを複数のカードに分散させるのは、得策ではありません。「どこで使っても還元率が1%以上」が目安となるのは、カードを分散させることなく、おおむね高い還元率を維持できる水準だからです。

 この条件を満たす代表的なカードには、リクルートカード、楽天カード、Yahoo!JAPANカードなどがあります。現在持っているカードのポイント還元率を計算するなどして、自分の決済環境を整理することは手間をかけずトクする近道です。

風呂内亜矢
風呂内亜矢(ふろうち・あや)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)CFP®認定者、宅 地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

 26歳(独身)のとき、貯金80万円で自宅用マンションを衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかることを知り、 あわてて貯金とお金の勉強を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。 マンション購入をきっかけに転職したマンション販売会社では年間売上1位の実績を上げ、 2013年からはファイナンシャルプランナーとして独立。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。 著書に『その節約はキケンです』(祥伝社)、『デキる女は「抜け目」ない』(あさ出版)などがある。ツイッター:@furouchiaya、LINE@:@furouchi  

http://www.furouchi.com/