部下を指導する立場になると、新しい対人関係のスキルが求められる

楽しく働くための社内政治力

 30代で初めて部下を持った時のことを今でも鮮明に覚えています。ポジションが上がって晴れがましい気持ちと同時に「やっていけるのかしら?」と不安に襲われ、ストレスを感じました。当時の上司に、「私は上司としてどう振る舞えばいいですか?」と尋ねたところ、「そんなこと、僕はだれにも教わらなかったけど」と冷ややかに言われ、心が重くなりました。こんな重荷を抱えるくらいなら前のままでよかったのに……とさえ思いました。

 一人で担当分野の専門スキルを磨いていればよかった日々。そこから昇進して部下を持つ立場になったとき、これまでとは別の働き方が求められます。それはエネルギーの配分です。今までの自分に、会社の方針や目標を意識する、上司に加えて「部下」とのコミュニケーションに時間を使うというプラスアルファです。

 ポジションが人を育てるといいますが、そう簡単にはいきません。部下と一緒にチームとして仕事の結果を出すには、それなりの時間がかかります。

新しい自分の役割を受け入れる

 上司として新しい立場になったからといって、私自身の人間性が変わったわけではありません。今まで同僚として働いていた私が急に偉そうに振る舞ったり、しゃべったりしたら反感を買うはず!と恐れた私は、今までの仕事のやり方をいっさい変えずに過ごしていました。
 すると、それまで仲が良く何でも話していた派遣社員A子さんの態度が急にそっけなくなりました。更に、あまり会話をしてこなかった同僚B子さんも何やら不機嫌な様子。私も担当者として抱えている仕事を持ったままでしたので疲弊していきました。職場の雰囲気が暗くなっていったのが明らかでした。私は彼女たちと積極的にコミュニケーションをとらなければいけない役割を受け入れ、新しい対人関係のスキルを身につける必要があることにようやく気が付きました。

理想の上司像を自分に押し付けない

 最初から「上司たるものこうあらねばならない」という理想像を自分に押し付けると苦しくなります。部下は完璧な上司を求めているわけではありません。私は試行錯誤の末、自分のやるべきこと2つがはっきりとしてきました。

1. 部下とのコミュニケーションをとりながら、仕事の結果を出すこと。
2. 部下の成長を考えて行動すること。

 そうはいっても、世代のギャップがある部下とのコミュニケーションはなかなかうまくいかないのが現実。昨年の第一生命保険が発表した、20代が作ったサラリーマン川柳の一つが浮かびました。
 
 「ゆとりから みればバブルが 新人類」
 
 部下から見たら、自分はどう映っているか? ときには、相手の視点から見ることも大事です。

部下の考え方に耳を傾ける

 外資系の銀行で働いていたころ、入社2年目の男子が部下になりました。あいさつなどの礼儀は心得ていましたが、事務的なミスが多く、注意しても反応がいつも薄いのです。落ち込んだ様子でもなく、私は暖簾のれんに腕押しのように物足りなさを感じていました。「すみません」も「わかりました」も「以後、気を付けます」も言わないので、何を考えているのかさっぱりわかりませんでした。

 その1年後、彼が新規プロジェクトメンバーとして抜擢ばってきされるほど頭角を現してきたのです。改めて、彼の話を聞くと、「関下さんから言われたことを、いつも深く掘り下げて考えていました」。私の目には、物足りないと感じた彼の反応は、実は、物事を集中して考えようとする態度だったのです。

 「部下はこうあるべし」と決めつけると、期待を裏切られるたびにカチンときてしまいます。まず部下の話に耳を傾け、自分と違う価値観に違和感を持っても、批判しないで最後まで話を聴くことです。部下には部下の考え方があり、その世界観の中で生きています。世代のギャップを感じても「ほ~、なるほど。そんな視点がありましたか……、知らなかった!」と興味深く受け入れたほうが心の平和が保てます。

 部下の視点で考える。自分の盲点に気づくチャンスが生まれます。

関下昌代
関下昌代(せきした・まさよ)
著作家・キャリアカウンセラー

 亜細亜大学非常勤講師。熊本市生まれ。高校卒業後、住友信託銀行に就職。以後、派遣、臨時職員でテレビ熊本、熊本県庁などで勤務した。1989年シティバンク銀行に転職。いくつかの業務部を経て、2001年人事本部人材開発課に異動。社員研修プログラムの企画、社内講師役を務める。2009年3月、立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士号取得。同11月末シティバンク銀行を退職。2011年4月より大学でビジネスマナーやコミュニケーションの科目を担当。著書に「伸びる女の社内政治力」(さくら舎)、「伸びる女(ひと)と伸び悩む女の習慣」(明日香出版社)「伸びている女性がやっている感情整理の新ルール」(KADOKAWA)、「シティバンク人事部で私が学んだ一生使える「気づかいの基本」が身につく本」(大和出版)「仕事も人間関係もうまくいく!マナードリル」(総合法令出版)「反学歴の成功法則」(経済界)などがある。

伸び悩む女の独りごと~異文化の交差点