正しい姿勢がすべての基本…まっすぐ立って優雅に歩く

脱かわいい 大人の作法

 30代はもう甘えることが許されない年頃。責任のある仕事を任されたり、結婚や転職など大きな決断をしたり、自分とどう向き合っていくかを考える時期でもあります。日本の女性は何かというと「かわいい」を連発しますが、かわいいだけでは人生の転機を乗り切れません。自分の中に眠っている可能性を引き出すために、「かわいい」を卒業して、魅力的な大人にシフトしましょう。
 個性と魅力を磨き、人と人を繋ぐ「コミュニケーション力」を高め、美しくしなやかに生きるための「大人の作法」を、清水彰子が伝授します。

「ビジネス」も「恋愛」も第一印象で決まる!

 ビジネスや恋愛において、「第一印象が大切」というのは、よく聞かれること。初対面で受けた印象は長く心に残るものです。好印象を持たれれば、その後のコミュニケーションも取りやすくなります。逆に悪い印象なら、仕事や人間関係に影響が出るかもしれません。1回目は、「初対面で好印象を与える、立ち方、歩き方、座り方」について解説します。
 会社で取引相手やお客さまを出迎えるとき、最初に目に留まるのは、あなたの「立ち姿」や「歩き方」です。美しい姿勢でスマートに歩く姿は人目を引くものです。また、ほとんどの人は「座る」という行為にあまり注意を払いません。無意識にどすんと座っていませんか? 座ったあとの姿勢はどうでしょうか? ドタバタ歩いたり、どすんと椅子に座ったりしたら、あなたの印象は台無しでです。魅力的な大人の女性にふさわしい、立ち居振る舞いを身につけましょう。

◇美しい立ち居振る舞いは、まっすぐな姿勢から

 美しい立ち居振る舞いの基本は正しい姿勢です。“正しい姿勢”と言われると、背筋をピンと伸ばす人がいますが、それでは正しい姿勢になりません。むしろ、背骨に負担がかかる場合があります。では、どうすれば正しく立てるのか。まず、壁を背にまっすぐ立ってみてください。

かかと、ふくらはぎ、お尻、背中、頭をしっかり壁につけます。腰と背中の間に手を入れて、余裕がある人は背中が反り過ぎです。丹田(へそから指5本ほど下)を意識し、腹筋に力を入れて背中をグッと後ろに引き寄せましょう。このとき、左右の肩は壁につけます
足全体を意識して、中心に引き寄せます。そのまま一歩前に出て。足先は10時と12時の位置にして、天井から一本の糸で吊(つ)られているように、常に上方を意識しましょう

 最後に、ふんわりした羽を体に乗せたような感覚で、肩の力を抜いてリラックス。この姿勢で、鏡の前に立ってみてください。見違えるほどエレガントな立ち姿になっているはずです。
 いつもより後ろに引っ張られている感じがしませんか? それは、あなたがいつも前かがみで猫背だということです。まっすぐな姿勢の感覚を忘れないように、定期的に壁に沿って立ってみましょう。この立ち姿がすべての基本になります。

◇優雅な歩き方

 まっすぐ立つことができたら、次は歩いてみましょう。急いでいるからといって、膝を曲げてドタドタ走ってだめですよ。まっすぐな姿勢から、少し爪先で立ち、ゆっくりと歩きましょう。腕や手の位置も大切です。親指を正面に向けて、中指は軽く服に触れるように。前に大きく腕を振るのではなく、後ろに引き気味にするとより美しく見えます。

頭にCDケースを乗せて練習してください。ケースを落とさないように、体のバランスを保ちながら歩きましょう
足は外側ではなく内側に運ぶようにすると、優雅な動きになります。肩は張らずに力を抜いて

◇スマートな座り方

 立ったり座ったりする動作を意識したことがありますか? 忙しく働いていたら、そんなことに構っていられないかもしれません。でも、座っているときの足元は意外と人に見られています。だらしない印象を与えない、座り方を身に付けましょう。
 面接などで、相手が前に座っているときの着席の仕方にもルールがあります。

(1)椅子の左横に起立し、左足を1歩前に出します(2)円を描くような動作で右足を椅子の前に運びます
(3)左足を右足の方へ運びます(4)椅子の前に立ったら、右足を引いて椅子を確認し、ゆっくり腰をかけてください

 座った後の姿勢や足元も大切です。

右に流す場合、右足首は足の線に沿って、爪先までまっすぐに伸ばします

(1)椅子に浅めに腰かけたら、足は左右どちらでも構わないので、斜めに流します。

(2)左足は右足の後ろから、右足にそっと添えます。足元に奥行きが出て、足が長くきれいに見えます。このとき、決して右足に引っかけないこと。

(3)上半身がS字になるよう、手は足を流した反対側の足の上にそっと乗せてください。

 意識して立ったり座ったりするのは、少々骨が折れるでしょう。正しい姿勢で優雅に歩くのも、簡単ではありません。でも、これが人と接するときの基本の作法です。「立つ」「歩く」「座る」の基本を身につけ、魅力的な大人への一歩を踏み出しましょう。

 モデル*中津留真代/撮影*高梨義之

インタビュー*清水彰子さん

 女性のトータルな美しさを引き出すレッスンやセミナーを提供している「セイバイアキコ」の代表、清水彰子さんにお話を聞きました。

――清水さんが「脱かわいい」に込められた思いは何でしょう。

清水さん:日本の女性は「かわいい」を連発しますでしょう? 何でも「かわいい」ですませてしまう。そこには可能性が感じられないんです。「かわいい」で一まとめにしてしまったら、一歩も成長できない。「かわいい」を卒業して、「クール」な大人の女性になってほしい。そんな思いを込めました。

――セイバイアキコを立ち上げたのはなぜでしょう。

清水さん:わたしがこれまで指導した方たちは、「いまの自分を変えたい」という共通の思いを持っていました。魅力的になりたいけど、その方法がわからないという人がほとんどです。自分を客観的に見て、将来をデッサンするのは容易ではありません。その人の持っている可能性や魅力を引き出すコーチの指導や、同じ目標を持つ人たちから指摘を受けることで、冷静に自分の個性を知ることができます。具体的な目標に向かってトレーニングする場として、セイバイアキコを立ち上げました。

――大人の女性になるために、身に付けるスキルや教養で、いちばん大切なことは何でしょう。

清水さん:わたしはいつも「美しい女性になりましょう」と言っています。そう言うと「わたしは姿の美しさをあてにしていません。そんなもの必要ない」と反発する方もいます。でも、それは勘違いです。わたしの言う“美しさ”は「感性が豊か」ということです。豊かな感性は、その人を魅力的にします。姿形(すがたかたち)は、あとからついてくるんです。

――30代でいまさら立ち居振る舞いやメイク術を学ぶなんて……と思う人もいるのでは。

清水さん:以前、講演会で30代の女性が、「私は専業主婦です。子育てと家事の毎日で、ほとんど外出もしません。美しくなったり輝いたりする必要がありますか?」と質問しました。わたしは、その方を説得して、セイバイアキコに来ていただきました。マナーやメイクやファッションなど、これまで知らなかったいろいろなことを吸収して、彼女はみるみるうちに生き生きしてきました。卒業するときに、外出もままならなかった彼女が「先生、わたし仕事をしたくなりました」と言ってくれました。うれしかったですね。人はいくつからでも変われますし、夢を持つこともできます。それが仕事でも家庭でも何でもいい。自分の人生に“光”を当てることができればいいんです。大切なのは、自分に自信を持って「夢」を確実に手にすることです。美しい立ち居振る舞いや、コミュニケーション力が、その一助になればいいと思っています。

清水彰子
清水彰子(しみず・あきこ)
マナー&キャリアコンサルタント

 トランスアジアオフィス TAO 代表取締役。放送業界で番組制作に携わった後、結婚。十数年を海外で過ごし、帰国後に社交マナーやコミュニケーションを中心に、企業研修のコンサルタントとして活躍。ジョン・ロバート・パワーズスクール東京校校長を経て、セイバイアキコを立ち上げる。ミス日本、ミスユニバースJAPANの教育・指導および審査員を担当。著書に「いちばん綺麗なあなたを見つける」(リヨン社)、「気品のコツ 品格ある女性のマナーブック」(海竜社)など。

SEI BY AKIKO