Q.朝礼のために、毎朝30分間の「サービス朝残業」…法的問題はある?

小町の法律相談

画像と本文は関係ありません

 始業時間が10時なのに、毎朝9時30分に出勤している方が「これは違法として訴えられるものですよね」と、「発言小町」に質問を寄せました。トピ主によれば、10時までの30分間は、「社内清掃と朝礼」をしており、9時30分に「遅れると『遅刻扱い』です。給料も引かれます」。ところが、9時30分に出勤しても、この30分間の給料は支払われていないそうです。

 入社面接の際、「当社は営業が10:00からですが、お客様を迎える準備のために9:30から出勤してもらっています」と言われていました。ただ「合格した時は就職難で困っていたので」、そのまま入社してしまったそうです。

 レスには、似たような経験を投稿する方もおり、「中小企業にはこんなところまだまだたくさんあるんでしょうね」とも。

 トピ主さんが言うように、30分間の無給労働は「違法」なのでしょうか? 太田おおた伸二しんじ弁護士に聞きました。

トピはこちら⇒「毎日30分早く出勤する義務。」

A.立派な時間外労働、「早出残業」です

 トピ主さんの職場は始業時間が10時ですから、9時30分から10時までの間に働いた分は「時間外労働」になります。始業時間前の時間外労働は「早出残業」と呼ばれています。

 トピ主さんが行っている社内清掃や朝礼は、会社の指示で業務として行っているものですから、そのための時間は労働時間に当たります。また例えば、事業所内で着替えることを義務づけられているような場合には、制服への着替えなどの時間も、労働時間に当たります。

 労働者が時間外労働を行った場合、会社はそれに対して残業代を支払う義務があります。トピ主さんの会社がこの30分間の分の残業代を払っていないとしたら「違法」です。

 また、10時始業にもかかわらず、9時30分に出勤していないことを「遅刻扱い」して給料を減額することは許されません。

 未払いの残業代や違法にカットされた給料については、2年前の分まで遡って請求することができます。退職してからでも残業代請求はできますが、残業時間の証拠を集めやすいのは在職中です。今すぐ残業代請求をするつもりまではない方でも、どのような証拠を残せばいいかについて、弁護士に一度相談してみてはどうでしょうか。

 

太田伸二(おおた・しんじ)弁護士

 2009年、弁護士登録。新62期。ブラック企業対策仙台弁護団事務局長、ブラック企業被害対策弁護団副事務局長、日本労働弁護団全国常任幹事。

事務所名:新里・鈴木法律事務所