親子できちんと紫外線対策 夏の肌トラブルに気をつけて

(株)ライフビジネスウェザー気象予報士櫻本美香さん、資生堂「2e」ブランド担当石原美樹さん
(写真左から)(株)ライフビジネスウェザー気象予報士櫻本美香さん、資生堂「ドゥーエ」ブランド担当石原美樹さん

 いよいよ夏本番。日差しが強くなってくるこの季節、肌への影響が気になる人も多いのではないでしょうか。この夏の気象予測やおすすめのケア方法について、気象予報士の櫻本美香さんと、低刺激性スキンケア化粧品「ドゥーエ」のブランド担当者が語り合いました。

7〜8月は紫外線に注意 日やけや乾燥の原因に

石原 今年の夏はどんな天候になりそうでしょうか?

櫻本 太平洋側と中国大陸側から二つの高気圧が日本へ勢力を広げ、全国的に例年より晴れて暑くなる予想です。晴れの日が多い、つまり日差しを遮る雲の出る日が少ないため、強い紫外線を浴びる機会が多いと言えます。

石原 肌の健康という面から見ると、屋外では紫外線が、室内では冷房による乾燥が気になりますね。

櫻本 紫外線は通年降り注いでいますが、ピークは7〜8月。紫外線は肌にどんな影響があるのでしょうか。

石原 日やけするだけでなく、皮膚の構造や免疫にも影響するとされています。また、肌の潤いを保つ角層は、ラップの厚みと同じ約0・02㎜と非常に薄く壊れやすいもの。壊れると肌の水分が失われ、乾燥の原因になります。夏はしっかり紫外線対策をするとともに、保湿も心がけましょう。

乳液やミストなどを上手に使い分けて

櫻本 角層がそんなに薄いとは知りませんでした。しっかり守ってあげないといけませんね。私の場合、夏は日やけ止めや帽子を欠かさないようにしていますが、保湿は冬に比べるとおろそかになっています。

石原 確かに、夏は乳液やクリームを敬遠しがちですね。「ドゥーエ」では、清涼感のあるスプレータイプの化粧水として保湿ミストも揃えています。入浴後はクリーム、日中はミストなど使い分けてみてください。

櫻本 ミニサイズのミストなら手軽に持ち歩けますね。もう一つ、私は産後に肌が乾燥しやすくなりました。今の時期も、特にスネやヒジの乾燥が気になっています。

石原 妊娠期や産後は肌トラブルが起こりやすいと言われています。ぜひスキンケアしていただきたいと思いますが、その際はお子さんと一緒に、楽しみながらケアするのがおすすめです。親子のスキンシップにもなるので、毎日の習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ドゥーエ
ドゥーエ
左:【保湿ミスト】180g 1800円/50g 700円(税別)
右:【日やけ止め】SPF50+・PA+++40g 2,200円(税別)/SPF45・PA++++(ノンケミカル処方)40g 2,200円(税別)

未熟な肌にやさしい使い心地 保育施設でも好評

櫻本 3歳の息子と4か月の娘にも、入浴後にはクリームを塗っています。お医者様からも「保湿は大事」と言われました。でも、赤ちゃんの肌は一見潤っているように見えますね。

石原 実際は肌のバリア機能が大人より未熟で、紫外線の影響を受けやすく乾燥もしやすいとされています。最近では、新生児からケアをすると成長後の肌が健やかになるという研究結果も報告されています。

櫻本 やはりケアを続けることが大事なんですね。ただ、子どもの肌に直接塗るものなので、母親としては安全性も気になります。

石原 「ドゥーエ」の製品はすべてやさしい使い心地や配合成分にまでこだわっています。また「ドゥーエ ベビープラス」は、病院での沐浴指導や資生堂事業所内の保育施設・カンガルーム汐留でも好評です。

櫻本 それはうれしいですね。今年は紫外線の影響も高まりそうなので、親子でしっかり対策をして、楽しく夏を過ごしたいと思います。

ドゥーエ ベビープラス
ドゥーエ ベビープラス
左:【ミルキーローション】150mL 1,300円(税別)
右:【UVプロテクトミルク】SPF20・PA++(ノンケミカル処方)30mL 1,300円(税別)

敏感な肌に、低刺激性デイリースキンケア「2e(ドゥーエ)」の詳しい情報はこちら

2eドゥーエ「2e(ドゥーエ)」の取り扱いは病院または調剤薬局で http://2e.shiseido.co.jp/contact/index.html

取扱医療機関および製品に関するお問い合わせは下記まで
ドゥーエお客さま窓口 0120-22-6065 (受付時間/平日9時00分〜17時00分)