長野・佐久で「農家の女性」がご当地グルメのみそかつ丼を作る理由

4月中旬、まだ桜が咲くJR佐久平駅に降り立ちました。車で西へ向かうと、左に八ヶ岳連峰、右に浅間山が見えてきます。駅から15分ほど、坂の上にある山小屋のような建物が食堂「味処あじどころこまがた」です。

カツがドーン

「おなかがすいているでしょ。まずは食べて」。明るく出迎えてくれた店主の土屋しのぶさん(74)は、あいさつもそこそこに厨房へ。カツを揚げる心地よい音が聞こえてきて、油の香りが鼻をくすぐります。

駒月味噌かつ丼
特製のみそダレで食べる「駒月みそかつ丼」。店によってタレの味が異なる

早速、看板メニューの「駒月みそかつ丼」をいただきます。ご飯を覆い尽くすように、信州産の豚肩ロースのカツがドーンと載っています。サラリとした特製ダレをかけ、サクサクで熱々のカツを頬張ると、ジューシーな肉のうまみが広がりました。

タレの黒い粒は、地元の黒豆「雁喰豆がんくいまめ」。この黒豆で作った雁喰みそに、リンゴやしょうゆなどを混ぜてあるそうです。あまじょっぱくてご飯が進みます。タケノコやにんじんの煮物、野沢菜などの小鉢もあって、お腹がはち切れそう。これで850円なんて、信じられません。

「駒月みそかつ丼」は、雁喰みそや地元のコメを楽しんでもらおうと、飲食店などの企画で2010年に誕生しました。市内8店で提供されています。「望月」といわれるこの地域は、平安時代に官牧として栄えた歴史があり、「駒の里望月」ともいわれます。略して「駒月」なんですね。ちなみに、店名の「こまがた」は、近所の神社の名前から。

ぺろりと平らげた丼のご飯は、土屋さんの田んぼでとれたコシヒカリ。ふっくらしていて甘く、「コメを売ってほしい」と言う人までいるのだとか。

単身赴任中の夫に内緒で起業

土屋さんはここで生まれ育ち、兼業農家で県職員だった興亜おきつぐさん(81)と見合い結婚をしました。農業をしながら3人の子供を育て、1995年に農家の女性たち約20人で、野菜の直売所を始めたのです。

「農家の女の人は自分の通帳なんて持っていなかったんだよ。でも、女の人も好きに使えるお金があってもいいかなって思ったの」

ただ、興亜さんからは、「珍しいことをやって地域で目立つのは恥ずかしい」と反対されたそうで、「お父さんが単身赴任をしている間に、黙って始めたのよ」と、いたずらっぽく笑います。

販売する野菜や果物は全て100円。「お裾分けの精神」です。ミニコミ誌などに取り上げられ、話題になりました。そのうち買い物客から、「ここの名物料理を食べさせてほしい」とリクエストされるようになり、飲食店で働いた経験はなくても、料理は得意だったので、「地場の食材のおいしさを知ってもらいたい」と、60歳で挑戦することにしたのです。

味処こまがた
底抜けに明るい笑顔で店に立つ土屋さん

「60歳で食堂をやるなんて」「女なのに」と陰口をたたかれ、涙を流すこともあったといいます。「これが最後のチャンスだと思ったし、女性が頑張ったら応援してもらえる世の中にしたいと思って踏ん張った。お父さんや仲間の支えがあってやってこれた」。取材で訪れた時、ちょうど店のテーブルで客と一緒に食事をしていた興亜さんは、「今思えば、女性活躍の先駆者だよね。年を取っても生き生きしている」と、誇らしげに語りました。

お裾分けしすぎて赤字?

おなっとう
地域の茶菓子「おなっとう」

デザートに佐久地域に伝わる茶菓子「おなっとう」も頼みました。出てきたのは、白くてドロドロとした謎の食べもの。戸惑う記者に、「都会から来た人は、珍しいっていうのよ。初めて見たでしょう」と、土屋さんはうれしそうです。

味処こまがた
土屋さんからお総菜のサービス

恐る恐る口に入れると、濃い甘酒のような舌触り。もち米を炊いてから米こうじを加えて発酵させたものでした。しつこくない甘さがくせになりそうです。

客の注文が一通り終わり、土屋さんが調理場から出てきました。「山菜がとれる時期なので、天ぷらはサービスね」「フキを煮たの、珍しいでしょ。食べてみて」。次々と皿に置いてお客さんに振る舞います。「最高です」「うまい、うまい」。横浜市から来ていた男性客の満足そうな顔に、こちらまで笑顔になりました。

サービスをし過ぎて赤字になる月があっても、お裾分けの精神は変わりません。2019年に直売所を閉じ、食堂も新型コロナで一時休業こそしましたが、「みなさんの『うまい』が、元気の源」と言って続けています。

周囲の反対や世間の目をものともせず、自分の歩みたい道をまっすぐに突き進んできた土屋さん。カツ丼で元気をもらい、人生の大先輩に「頑張れ」と背中を押してもらった気がしました。(読売新聞生活部 梶彩夏、三浦邦彦撮影)

味処こまがた

味処こまがた
住所 長野県佐久市布施449-1
営業時間 午前10時~午後3時
定休日 金曜(他の曜日でも休むことがあるので要確認)
アクセス 北陸新幹線佐久平駅から車で約15分

【動画】長野・佐久「味処こまがた」の土屋しのぶさんにインタビュー

「食堂のおばあちゃん」では、全国の食堂を巡り、現役で活躍する高齢者たちに、おいしさの秘けつや人生の喜びなどを聞いていきます。読売新聞朝刊や読売新聞オンラインでも関連記事を掲載します。おすすめの食堂の情報を、推薦理由や思い出などとあわせてkurashi@yomiuri.comへお寄せください。

Keywords 関連キーワードから探す