マロニエゲートの「Gift&Fun」のサポチョコ、個性豊かな品ぞろえ

OTEKOMACHIが、国際NGO「プラン・インターナショナル」や企業などと協力して、途上国の女の子たちを支援する「#サポチョコ」キャンペーンが今年も行われています。

東京・銀座の「マロニエゲート2」の地下1階にあるセレクトギフトショップ「Gift&Fun」では、バルグ(ばら売り)チョコの5個詰め合わせ(540円)から、フランスの有名チョコレートメゾン「コントワール・デュ・カカオ(Comptoir du Cacao)」のタブレットチョコ(6種類、1枚1080円~1100円)まで、味にも見た目にもこだわった個性豊かな品ぞろえで、サポチョココーナーを展開しています。

「マロニエゲート2」の地下1階にあるセレクトギフトショップ「Gift&Fun」

「第3世界ショップ」の板チョコ(5種類、1枚454円~540円)の鮮やかなパッケージも目を引きます。様々なハンディキャップを持つアーティストたちによるもので、有機JAS認証のチョコです。

第3世界ショップ Artisan Chocolate
第3世界ショップ Artisan Chocolate

また、チョコレートではありませんが、ピスタチオの濃厚な味わいを楽しめる「ピスタチオスプレッド」(180g入り、2268円)や、国内でまだ小売り店舗で取り扱いが少ないバーボンが香る「バルサミコ酢」(200ml入り 2850円)も、「#サポチョコ」対象商品です。

「バーボン入りバルサミコ酢」と「VINCENTE ピスタチオスプレッド」
「バルサミコ酢」と「VINCENTE ピスタチオスプレッド」

Gift&Funでは、横浜市のミオカ店でもサポチョコ対象商品を取り扱っています。店長の中村明子さんは、「相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら選ぶのが、ギフトのだいご味です。コントワールのチョコは、アイボリー地のパッケージの窓からカラフルなドライフルーツやナッツがのぞくかわいらしい仕様です。幅広い年齢層の方に喜んでいただけると思います。また、甘いものが苦手な方にも、ひねりの利いた贈り物としてお薦めなのが、ピスタチオスプレッドとバルサミコ酢。ピスタチオスプレッドは、2年に1度しか収穫できないというピスタチオをぜいたくに65%使用しましたスプレッドです。芳醇ほうじゅんな香りで、クラッカーやパンに塗って楽しむことができます。バーボン入りのバルサミコ酢は、アイスクリームやヨーグルトにかけてよし、シャンパンや炭酸水と割って、ドリンクにしてもよし。甘みと酸味が絶妙です」と話します。

(価格は全て税込みです)


■会場:「Gift&Fun銀座店」東京都中央区銀座3-2-1 マロニエゲート2 B1F

■開催期間:2月14日(月)まで

■開催場所:「Gift&Fun銀座店」「Gift&Funミオカ店」

#サポチョコ」とは
「OTEKOMACHI(大手小町)」の発案で2019年にスタートした取り組み。バレンタイン期間中に、賛同企業が販売する対象商品を購入すると、その売り上げの一部が国際NGOプラン・インターナショナルに寄付されます。寄付金は、途上国の女の子が直面する問題に焦点を当てて解決する「ガールズ・プロジェクト」に活用されます。

プラン・インターナショナル」とは
子どもの権利を推進し、貧困や差別のない社会を実現するために世界70カ国以上で活動する国際NGOです。創立は1937年。長年にわたり、子どもや若者、地域の人々とともに地域開発をすすめてきました。すべての子どもたちの権利が守られるよう、とりわけ女の子や女性への支援に力を入れています。

あわせて読みたい

Keywords 関連キーワードから探す