藤崎百貨店「チョコレートな関係」など東北の注目ショップを紹介

OTEKOMACHIが、国際NGO「プラン・インターナショナル(以下、プラン)」や企業などと協力して、途上国の女の子たちを支援する「#サポチョコ」キャンペーンが今年も行われています。株式会社藤崎(仙台市青葉区)も企画に賛同する東北の生産者・ショコラティエ・菓子メーカーとともに「#サポチョコ」に参加しました。

株式会社藤崎は「『#サポチョコ』を通して、女の子たちを守り、ポジティブな変化をもたらす役割を担えるよう支援する活動を応援します」とコメントしています。

【参加店】
秋田・角館の「くら吉」、岩手・陸前高田の「CACAO broma」、仙台の「チョコレートな関係」、宮城・川崎町の「ROKU’e 」

サポチョコ・株式会社藤崎
(1)「くら吉」、(2)「CACAO broma」、(3)「チョコレートな関係」、(4)「ROKU’e 」

■会場:百貨店「藤崎」

■開催期間:1月27日(木)~2月14日(月)、午前10時~午後6時30分

■開催場所:本館7階・催事場「ショコラマルシェ」

#サポチョコ」とは
「OTEKOMACHI(大手小町)」の発案で2019年にスタートした取り組み。バレンタイン期間中に、賛同企業が販売する対象商品を購入すると、その売り上げの一部が国際NGOプラン・インターナショナルに寄付されます。寄付金は、途上国の女の子が直面する問題に焦点を当てて解決する「ガールズ・プロジェクト」に活用されます。

プラン・インターナショナル」とは
子どもの権利を推進し、貧困や差別のない社会を実現するために世界70か国以上で活動する国際NGOです。創立は1937年。長年にわたり、子どもや若者、地域の人々とともに地域開発をすすめてきました。すべての子どもたちの権利が守られるよう、とりわけ女の子や女性への支援に力を入れています。

あわせて読みたい

Keywords 関連キーワードから探す