東京會舘…受賞ショコラティエのひょうたんチョコで幸せを呼び込んで

OTEKOMACHIが、国際NGO「プラン・インターナショナル」や企業などと協力して、途上国の女の子たちを支援する「#サポチョコ」キャンペーンが今年も行われています。初参加となる東京會舘(東京都千代田区)では、受賞歴のある専属ショコラティエが手作りするボンボンショコラなど、3商品のチョコレートを支援につなげます。

2022年に創業100周年を迎える東京會舘では、チョコ専門のショコラティエがこだわりのチョコレートを作っています。調理・製菓部製菓ショコラチーフの小野塚雄也さんは、東京會舘定番の菓子「プティフール」や、ウェディングデコレーションのアシスタントなどで洋菓子の研さんを積みました。ショコラティエとしての修業では国内外のトップシェフからも教えを受け、2021年には「ジャパン・ケーキショー東京」のショコラ部門で銅賞を受賞しています。

毎日フレッシュフルーツから一粒一粒手作りしているこだわりのチョコレートを紹介します。

紅白のひょうたんがめでたい

東京會舘「ショコラ・ハート6個入り」
本館限定の「ショコラ・ハート6個入り」(東京會舘提供)

本舘限定の「ショコラ・ハート6個入り」(税込み3024円、限定200個)は、ハート形とひょうたん形のチョコレートのセットです。ホワイトチョコレートで包まれた、トロピカルな味わいのパッションマンゴー(白いチョコ)と、フルーティーなイチゴとバニラ(ピンク)の二つのフレーバーが楽しめます。

ひょうたんは、真ん中あたりがくびれ、下部が上部より広がっている「末広がり」の形から、古くから縁起物と知られています。目上や大切な人への贈り物にぴったりですね。

ショコラティエのこだわり

東京會舘・ショコラティエのこだわりが光る「ボンボンショコラ12個入り」
ボンボンショコラ12個入り(東京會舘提供)

ショコラティエのこだわりが光る「ボンボンショコラ12個入り」(税込み4104円)は、12個入りのみがサポチョコ対象商品です。

東京會舘定番のハイカカオのチョコレートを使用した「ガナッシュ ノワール」、まるで宝石のように赤いつやが美しい「キャラメルブールサレ」、優しいピンク色でハート形の「ライチ&ローマジパン」は、ライチ酒の香りとアーモンドの風味が楽しめます。

1箱で8種ものこだわりが存分に楽しめます(※丸ビル特設催事でも販売されています)。

グラデーションが美しい

東京會舘・丸ビル限定の「ショコラ・ハート 8 個入り」
丸ビル限定の「ショコラ・ハート 8 個入り」(東京會舘提供)

バレンタインデーにふさわしい、かわいいハート形のチョコが目に飛び込んできて思わず笑みがこぼれそう。丸ビル限定の「ショコラ・ハート 8 個入り」(税込み3024円。限定200個。販売期間は2月4~14日)は、(1)トロピカルな味わいのパッションマンゴー、(2)芳醇ほうじゅんな香り漂うシャンパン&バニラ、(3)ラズベリー&ライチ&ローズのミックス、(4)フルーティーなイチゴ&バニラで、四つのフレーバーが楽しめます。グラデーションが美しいですね。


■会場:東京會舘本館、丸ビル

■開催期間:〈本館〉2月1日(火)~2月14日(月)、〈丸ビル〉2月4日(金)~14日(月)

■開催場所: 〈本館〉「スイーツ&ギフト」(1階)、〈丸ビル〉特設催事・特設販売ブース

#サポチョコ」とは
「OTEKOMACHI(大手小町)」の発案で2019年にスタートした取り組み。バレンタイン期間中に、賛同企業が販売する対象商品を購入すると、その売り上げの一部が国際NGOプラン・インターナショナルに寄付されます。寄付金は、途上国の女の子が直面する問題に焦点を当てて解決する「ガールズ・プロジェクト」に活用されます。

プラン・インターナショナル」とは
子どもの権利を推進し、貧困や差別のない社会を実現するために世界70カ国以上で活動する国際NGOです。創立は1937年。長年にわたり、子どもや若者、地域の人々とともに地域開発をすすめてきました。すべての子どもたちの権利が守られるよう、とりわけ女の子や女性への支援に力を入れています。

あわせて読みたい

Keywords 関連キーワードから探す