2022年のバレンタイン「#サポチョコ」ってどんな取り組み?

「#サポチョコ」は、バレンタインの期間にチョコを買うことで途上国の女の子たちをサポートしようという、「OTEKOMACHI(大手小町)」発の取り組みで、2019年から行われています。賛同企業の販売する対象商品の売り上げの一部が、国際NGOのプラン・インターナショナルに寄付され、早すぎる結婚や人身売買を防止するなど、途上国の女の子を支援する「ガールズ・プロジェクト」の活動に使われています。

プラン・インターナショナルは、子どもの権利を推進し、貧困や差別のない社会を実現するために世界70か国以上で活動する国際NGOです。長年にわたり、子どもや若者、地域の人々とともに地域開発を進めてきました。すべての子どもたちの権利が守られるよう、とりわけ女の子や女性への支援に力を入れています。

「#サポチョコ」は、2015年9月に国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)の17のゴールのうち、「ゴール5:ジェンダー平等を実現しよう」と「ゴール12:つくる責任 つかう責任」を意識した取り組みです。社会的課題の解決に取り組む事業者を応援しながら消費活動を行う「エシカル消費」にあてはまります。


2022年の賛同企業(50音順)
アクティブリゾーツ裏磐梯
裏磐梯グランデコ東急ホテル
株式会社JR東日本クロスステーション
JR東日本東北総合サービス株式会社 仙台支店
株式会社大和富山店
仙台ターミナルビル株式会社
有限会社テイクスペース
東京會舘
ビチェリン・アジアパシフィックアンドミドルイースト株式会社
藤崎百貨店
株式会社プリンスホテル
松坂屋名古屋店
松屋銀座
読売巨人軍

あわせて読みたい

Keywords 関連キーワードから探す