映画「竜とそばかすの姫」細田守監督や佐藤健ら完成会見

アニメーション映画の細田守監督の手がけた最新作「竜とそばかすの姫」が完成し、6日、東京都内で記者会見が行われました。細田監督を始め、声優を務めた中村佳穂さん、成田凌さん、染谷将太さん、玉城ティナさん、佐藤健さんが登壇し、作品への思いなどを話しました。

佐藤健、後半は涙腺が…

「竜とそばかすの姫」は、高知に暮らす女子高校生すずが、インターネットの仮想世界「U」で謎の存在「竜」との出会いなどを通して、悩み葛藤しながらも懸命に未来に歩いて行こうとする物語です。

(c)2021 スタジオ地図

すず役でシンガー・ソングライターの中村さんは、声優初挑戦。完成した作品を見た感想を問われ、「圧倒的という感じです。音楽、CG、すべてがエネルギーをもってすごい」と興奮した様子。竜役の佐藤さんは、「細田監督の真骨頂であり、新境地を見せていただいた感じです。映像が美しいだけでここまで胸が震えるんだと思いました。そこに中村さんのステキな歌声が重なり合い、中盤からずっと涙腺が刺激されっぱなし。スクリーンから音波を通して脳に直接、感動光線を浴びせられているような映画体験でした」と熱く語り、「間違いなく映画館で見た方がいい作品です」とアピールしました。

佐藤健さん

モチーフは誰もが知る名作

細田監督は、「インターネットの世界で『美女と野獣』をやったらどうなるか」というのが作品の着想だったと明かしました。「インターネットは現実と虚構の二つの部分を併せ持ち、『美女と野獣』の野獣も二面性を持った存在。18世紀の物語を現代の日本でネットを介して表現できたらどういうふうになるのか、どんな恋物語になるのか。今回、映画にできて幸せです」

細田守監督

作品は、カンヌ国際映画祭オフィシャル・セレクションに新設された「カンヌ・プルミエール」部門に選出されました。吹き替えなしの上映となるそうで、中村さんは「音楽は言葉をこえるものだと信じてやってきたので、改めてそれが証明される日が来るという感じがして楽しみです」と喜びを語りました。

中村佳穂さん

「竜とそばかすの姫」
7月16日(金)から全国公開
原作・脚本・監督:細田 守
出演:中村佳穂 佐藤 健 成田 凌 染谷将太 玉城ティナ 幾田りら / 役所広司
メインテーマ: millennium parade × Belle「U」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

あわせて読みたい

Keywords 関連キーワードから探す