【国際女性デー】安田菜津紀さん 「安心・安全」というバトンを手渡す

フォトジャーナリストを目指していた学生時代、男性ばかりのフィールドでは、「男みたいにたくましいね」と言われることは、褒め言葉であるかのように思っていました。「“マイノリティー”が“マジョリティー”に合わせていくことが正解ではない。私は私」と思えるまでには時間がかかりました。こうした構造はジェンダーに限らず、障害やセクシャリティーなど、あらゆる場面で根強く残っているのではないでしょうか。

フォトジャーナリズムという限られた業界の中でも、この数年だけで性暴力やパワハラの告発が相次ぎました。学ぶための間口が少なく、力が1か所に集中しやすかったことも、問題が長年、解決されずにいた一因でした。こうした実態を前にしながら、迎合したり沈黙したりすることは、もはや問題の先送りにしかならないのだと思います。

次世代が安心して、安全に学びたいことを学び、自身の夢を追いかけられるための場づくりを続けていきます。それと同時に、差別や暴力に深く傷つき、「声を上げられない自分が悪いのかな」と、自身を責めてしまっている人たちに伝えたいことがあります。

悪いのはあなたではないし、顔、名前を出せなくても、できることはたくさんあります。でも、まずは自分の心身をしっかり休ませてほしい。大切なのは早く立ち上がることではなく、自分自身の心のリズムで生きられるようになることだから。

【あわせて読みたい】
サンドラ・ヘフェリンさん 期待をしない
西村宏堂さん こうちゃん、おんなのこよ!

安田 菜津紀(やすだ・なつき)
フォトジャーナリスト

1987年神奈川県生まれ。上智大学卒。NPO法人Dialogue for People(ダイアローグフォーピープル/D4P)所属フォトジャーナリスト。同団体の副代表。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。現在、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で難民や貧困、災害の取材を進める。著書に『写真で伝える仕事 -世界の子どもたちと向き合って-』(日本写真企画)など。

Keywords 関連キーワードから探す