高畑充希、映画「明日の食卓」で肝っ玉シングルマザーに

News&Column

映画「明日の食卓」に出演し、シングルマザー役を演じた高畑充希さん 大手小町 読売新聞
高畑充希さん

女優の高畑充希さんが、母と子の壮絶なドラマを描いた映画「明日あしたの食卓」(5月28日公開予定)に出演します。菅野美穂さん、尾野真千子さんとの共演で、3人とも10歳の息子を持つ母親役。高畑さんは、若くして母になり、昼も夜も働きづめで息子を育てる大阪在住のシングルマザー・加奈を演じました。役作りや見どころについて聞き、29歳の素顔に迫りました。

ストーリー】同じ「石橋ユウ」という名前の小学5年生の息子を育てる3人の母親たち(菅野美穂、高畑充希、尾野真千子)。それぞれが忙しくも幸せな日々を送っていた。しかし、ささいなことがきっかけで、徐々にその生活が崩れていく。無意識に子供に向いてしまういら立ちと怒り。苦労はあっても、息子への愛に偽りはなかったはずなのに、どこで歯車が狂ってしまったのか。そして三つの石橋家がたどり着く運命とは?

――大阪出身の高畑さんの軽快な大阪弁と、息子への愛にあふれ、肝の据わったお母さんの姿が印象的です。加奈を演じた感想を聞かせてください。

脚本を読んだときは、「重たいテーマの作品だから、気楽な気持ちでは現場に入れない」と思いました。共演シーンはないものの、菅野さん、尾野さんとご一緒できるオムニバス的な作品で、とても光栄でしたし、参加できることを幸せに感じました。短い撮影日数で一気に撮影したので、壮絶で、毎日が山場でした。加奈は、自分のことは二の次で、息子のために必死に働いていて。えらいなぁ。同世代だけど、私はあんなに頑張れないです。

シングルマザー役を演じた高畑充希さん(C)2021「明日の食卓」製作委員会
(C)2021「明日の食卓」製作委員会

――大阪の町工場で働く女性という設定です。

私も、東大阪の町工場がたち並ぶ地域で育ったので、映画の風景が地元と重なりました。活気ある街の雰囲気や、働く女の人がいっぱいいて、車の通りの多いところで子供が遊んでいたりする、ごちゃっとした感じ。人と人の境目が薄い感じがするんです。映画の風景は、どれも小さい頃に見た景色で、懐かしくもあり、心地良くもありました。

やんちゃな一匹狼、朝礼で怒られた学生時代

――撮影では、自身の子供の頃を思い出しましたか。

小さい頃はやんちゃで、よく学校の先生に怒られていましたね。協調性がない一匹おおかみで、何人かの女子と連れ立ってトイレに行ったりはしないタイプでした(笑)。中学から女子校に通うようになったのですが、校則は守れないし、勉強はしないし。「登下校時にコンビニにいってはダメ」と言われていたのに、コンビニで先生と鉢合わせしたりして。朝礼の際、全校生徒の前で怒られたこともありました。受験で燃え尽きてしまったので、勉強に関しては落ちこぼれで、母が学校に呼び出されたこともあります。高校から上京したのですが、この仕事があってよかったです(笑)。手のかかる生徒だったと思います。

――映画では、ワンオペ育児、シングルマザーの困窮、高齢家族の介護など、世の母親たちを取り巻く環境を描いています。どんな人に見てほしいですか。

私の周りでも、お母さんたちは大変そうです。虐待とは無縁だと思って生活していても、追い詰められたり、一人で全部抱えるのが無理になって、虐待に走ってしまうことがあるかもしれない。映画に登場するお母さんたちは、家庭に父親の影が薄く、ほかに頼れる人もいない。この映画を見て、しんどいお母さんたちは頼れる人を見つけてほしいですし、男の人にも、もう少し子育てに関わろうと思ってもらえたらと思います。

天真爛漫ではありません

映画「明日の食卓」に出演し、シングルマザー役を演じた高畑充希さん 大手小町 読売新聞

――今回はシングルマザー役ですが、29歳となり、演じる役に変化を感じますか。

母親の役とか、人妻の役が増えてきて、もうそんな年齢かと思うとともに、役の幅が広がり、ここから数年の仕事は面白いんだろうなと思います。舞台の仕事でも、妊娠して子供を産む役を演じたのですが、複雑な女性の人生を演じられる年齢になってきました。今の年齢だからこそチャレンジできる役がたくさんあるように思います。これからの仕事が楽しみですし、それに見合うように成長したいなと思います。

30歳が近づいて、自分としては、無理をしないでいられることが増えてきました。20代は、「明るくて元気、フレッシュ」を求められることが多かったですし、それに応えたいと思ってやってきました。でも実は、自分はそういう人ではない。暗くもないですけど、天真爛漫らんまんでもない。どちらかというとドライな方です。

――一般的に、30歳は悩みも多くなる年頃かもしれません。不安はないですか?

個人としては不安になることもあります。30歳が近づき、急に「これからの人生どうするの?」とか「結婚願望あるの?」とか「子供は欲しい?」と聞かれるようになりましたから。「私も焦らなきゃいけないのかな」とぼんやり思っています。

――映画にドラマに舞台にと活躍して、忙しく過ごす中で、自分へのご褒美やリフレッシュ法は?

「この仕事が終わったら、おいしいものを食べに行く」などと、小さなご褒美をいっぱい作って頑張るタイプですが、コロナ禍で外に出られないのはつらいですね。舞台のために地方を回っているときも、楽しみはその土地の食なのに、外でご飯が食べられない。先日は、ホテルの中で高価なおすしをいただきました。

最近は、友達と長電話することが増えました。人の声を聞くのが好きなんです。大人数でわっと飲んで騒ぐのも楽しいですが、2人だけの声の会話なので、親密な感じもします。これまで緑とか花に全然興味がなかったのですが、観葉植物を買いました。背丈ほどのゴムの木です。癒やされたいという思いが高まっているのかも。

次にやりたいのは笑顔でバンバン敵を倒す役

映画「明日の食卓」に出演し、シングルマザー役を演じた高畑充希さん 大手小町 読売新聞

――これからどんな女優を目指したいですか?

ミュージカルもやりたいですし、社会派の作品に出ることが多かったので、ラブストーリーに出たいです。30歳前後は、恋愛の作品も面白いんだろうなと思います。めっちゃ強い役もやりたいですね。笑顔でバンバン敵を倒していくような。アクションもやってみたいです。

長引くコロナ禍では、人の頑張る糧となるエンタメに関われるのはいいことだなと感じるようになりました。人のためにというと大げさですが、少しでも良い作品を作って、多くの人に楽しんでもらいたいという気持ちが大きくなっています。

(読売新聞メディア局 谷本陽子、写真も)

Stylist Shohei Kashima(W)
Hair&Make 根本亜沙美

「明日の食卓」
5月28日(金)角川シネマ有楽町ほか全国にて公開
監督:瀬々敬久
出演:菅野美穂、高畑充希、尾野真千子ほか
原作:椰月美智子「明日の食卓」(角川文庫刊)
配給:KADOKAWA/WOWOW
WOWOWオンデマンド、auスマートパスプレミアム、TELASAにて、
6月11日(金)より配信開始

高畑 充希 (たかはた・みつき)
女優

1991年生まれ。2005年、舞台「山口百恵トリビュートミュージカルプレイバックpart2~屋上の天使」の出演者オーディションでグランプリを獲得、同舞台でデビューを飾る。07~12年、舞台「ピーターパン」でピーターパン役を務めた。13年のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」に出演し、演技力と歌唱力を併せ持つ女優として注目を集め、16年放送のNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」ではヒロインを務めた。主な出演作品に、「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」(18年)、「引っ越し大名!」(19年)。21年は、ドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系)の主演を務め、主演ミュージカル「ウェイトレス」に出演。6 月11 日より映画「キャラクター」、9月10日より映画「浜の朝日の嘘つきどもと」の公開が控えている。