壇蜜のお悩み回答をまとめた「三十路女は分が悪い」出版

News&Column

壇蜜さん

OTEKOMACHIのお悩み相談の回答者として、2017年4月から働く女性の悩みに寄り添ってきたタレントの壇蜜さん。これまでに30以上の読者からのお悩みに答えています。これまでの回答に加筆し、インタビューを加えた「三十路女は分が悪い」(中央公論新社、税別1400円)を出版しました。出版にあわせて、お悩みアドバイザーとして答えてきた感想などを聞きました。

――お悩み相談の回答をどうやって考えていますか? お悩みを渡されてから、しばらくじっくり考えますか? それとも、読んだらすぐ回答が思い浮かびますか?

実は両方で。読んだ瞬間に「もしかしたらこういうふうだったら、この人はもっと楽になるかな」っていうのを、まず出します。それは割とすぐ、読んだら、たとえば「本当は手放した方がいいんじゃないか」なんていう答えが思い浮かんで、1日2日、時間かけて「じゃあどうやったら、手放しても傷つかないか」とか、「どうやったら手放した自分のことを好きになれるかな」っていうのを考えます。

ゴールを最初に決めて、道順は何がベストかなっていうのをたどっていく仕事です。

セックスレスに関しては昔から質問されます

――壇蜜さんの回答の中では、2年前の記事になりますが、「セックスレスの夫と一緒にいる意味がわかりません」が現在もよく読まれています。

セックスレスの問題に関しては、私が結婚する前から「どうしたらいいと思いますか?」と、なぜか聞かれるんですよ。まあ、なんとなく理由はわかるんですけど(笑)。セックスレスって、他人と比べたら、自分たちが「セックスレス」ってわかるわけで。だからそれは、私はネットの罪だと思ってます。

ネットがここまで隆盛になる前で、婦人雑誌みたいなものだけしか出回ってない頃って、「うちはそうなのかしら?」ぐらいの疑問だったんですよ。それが今、確信に変わっちゃって。

世の中には楽しいものがいっぱいありますよね。その中で、所帯を持って、いつでもその人と「できる」っていう環境が整えられても、優先することがたくさんあるじゃないですか。テレビ見たり、カラオケ行ったり、乾杯したり、ゲームしたり……。だから、一緒にいてセックスするよりも楽しいことがあるっていう時点で、幸せだって思ってほしいな。

だってセックスのような原始的なコミュニケーション手段がなければ、相手の信頼とか愛情とかが感じられないような関係の方が不安だと思いますから。だから、今「していない」けど、一緒に住めて、ちゃんと生活できている状況をまずありがたがってほしい。

タレントの壇蜜さん

――どうしたら「セックスレス」を解消できると思いますか。

SNSで自分を表現するのをやめたり、新聞や本のようなアナログなものを読んだり。そういうことをすると、昔の感覚を取り戻せる気がします。

もしセックスレスが人としての進化だとするならば、セックスレスを解消したければ、今っぽいことやものから手を引くと、脳が退化してセックスがうまくいく……かもしれないって思ってます。キャンプもいいですね。大好きですよ、キャンプは。虫なども勇んで捕まえます!

 ※壇蜜さんのインタビューカットを特別公開中。

――壇蜜さんが今、悩んでいること、相談したいことはありますか。

質問して、どなたかが答えてくれるんでしょうか?

(お悩みアドバイザーの一人であるプロレスラーの棚橋弘至さんの名前を挙げると)、

棚橋さんって「1/100」って書いてあるサポーターをしていたんですよ。私、それがうらやましくって。「100年に1人の逸材」っていうのは棚橋さんのキャッチコピーだから、私も「20.2/100」っていうサポーターを作りました。その数字は私の体脂肪率なんですけど(笑)。そしたら、周囲の人たちに「やめてください」と言われました。ですので、棚橋さんには、私だったら100分の何にしてくれますか……って聞いてみたいけれど、ダメですよね。

まじめな悩みですが、私はどちらかというと、「女性らしい感じ」とか「物腰の柔らかい感じ」は他人に伝わりやすいのですが、自分が不安に思っていることとか、「ちょっとこれをされたら残念だな」って思うとか、ウィークポイントというか、「自分が弱いと思ってます」というところは伝わりにくいようなのです。そこを他人にどう伝えたらいいのか、分かりません。例えば、本当に苦手なことを伝えても、「またまた~(笑)」って言われます。「本当に苦手なんですよ」と言っても、信じてもらえないことがあります。

棚橋さんはレスラーとして男として、いわゆる人間の強さ、アスリートとして強さは伝えやすいと思うんです。でも、弱さも持っていらっしゃると思うので、自分の弱さを人に伝えるときには、どういう言葉を使うのでしょうか。それが知りたいです。

(聞き手/メディア局編集部 杉山智代乃)

***

棚橋弘至さんが、壇蜜さんのお悩みに回答しています。記事はこちら→「壇蜜、自分の弱さをどう伝えればいいかわかりません」

大手小町のお悩みアドバイザーに

あなたの悩みを相談してみませんか?

お悩み相談募集中

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三十路女は分が悪い (単行本) [ 壇蜜 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/12/22時点)