子供の血液型を知らない親が増加、困らない?いつ調べるの?

News&Column

新型コロナウイルスの影響で献血協力者が減少しているそうです。かつては、赤ちゃんが生まれるとすぐに教えてもらえた血液型。ところが最近では、「子供の血液型を知らない」という親も珍しくありません。読売新聞の掲示板サイト「発言小町」には、「子供の血液型はいつ知りましたか?」と題する投稿がありました。子供が通う幼稚園への提出書類に血液型の記入欄があり、我が子の血液型を知らないことに気付いた投稿者は「事故や緊急事態に困るかな」と心配しています。「雑司が谷赤ちゃん・こどもクリニック」(東京都豊島区)の青柳裕之院長に子供の血液型検査について聞きました。

新生児の血液型検査は行いません

――「子供の血液型を知らない」「自分の血液型が分からない」という話を、ここ最近よく聞きます。血液型は出産後にすぐ調べるものと思っていました。

血液型は、赤血球の表面にある「抗原」とそれ以外の成分である「抗体」の両方を調べ、確定することができます。新生児は抗体が作られておらず、抗原の反応も弱い状態です。このため、抗体が作られる1歳くらいになるまで、正確に血液型を知ることはできません。不正確な結果が出ることが分かっていながら、わざわざ採血をして調べる必要はありません。

かつては、生まれたばかりの我が子のことは何でも知りたいという親の求めに応じ、サービスの一環として血液型を調べ、伝えていた病院があったのでしょう。最近になって、「新生児の血液型検査は行いません」とはっきりお断りしている産科が増えています。 

――「大人になって血液型が変わった」という人がいます。こういう現象は起き得るのでしょうか。

血液型が変わることは、原則あり得ません。おそらく、子供のころに親から伝え聞いた血液型と、大人になって献血などの機会に知った血液型が異なっていたということが考えられます。出生時に親が知った血液型検査の結果は不確かなものですから、実際の血液型と異なっていたと考えられます。

――幼稚園や学校などの提出書類に血液型の記入欄があります。

「血液型不明」と書いておいて何の問題もありません。血液型を知らなくて困るのは、血液型占いをするときくらいです。

写真はイメージです

父親が夫ではないかもしれない・・・

――とはいえ、事故や緊急事態などの手術で輸血が必要になった場合に血液型を知らないままでは心配です。

子供に輸血が必要となる緊急事態が起きた場合を考えてみてください。「この子は私と同じAB型です。私の血液をどんどん採ってください」と母親が涙ながらに訴えたとしても、医師はうんうんと聞きながら、さっさとその子の採血を済ませ、血液型を調べてしまいます。血液型の申告や書類などがあったとしても、実際の血液型を調べずに輸血をするなんてことはありません。

――赤ちゃんや幼い子が血液型検査を受けるケースはありますか。

幼い子供にとって採血は、痛みや心理的負担があります。知っておく必要がない血液型検査を強く勧めることはありません。以前、出産後の母親から「父親が夫ではないかもしれないから」と相談され、赤ちゃんの血液型を調べたケースはあります。しかし、正確な親子鑑定にはDNAを調べますし、新生児の血液型検査は不確かですから、夫に知られずにそのときに調べられる範囲の安心材料といった程度にしかなりません。

――どうしても血液型を知りたいという場合はどのような方法がありますか。

病院やクリニックで調べられますが、費用は全額自己負担となります。医療機関によって費用は異なりますが、おおよそ3000円程度が相場かと思います。献血ができる年齢であれば、献血をすれば無料で血液型を知ることができます。

――日本赤十字社によると、日本人の血液型は、AB型が10人に1人、Rhマイナスが200人に1人しかいないそうです。各地の献血センターには、珍しい血液型の登録制度や「Rhマイナスの会」といったネットワークがあると聞きます。

親がRhマイナスの血液型の場合、子供もRhマイナスの血液型になる可能性があります。AB型も人数は多くありません。こういった希少な血液型になる可能性があり、献血に協力したいという場合、あらかじめ血液型検査を受けるのは大変意味のあることだと思います。

(聞き手・メディア局編集部 鈴木幸大)

【紹介したトピ】
子供の血液型はいつ知りましたか?

あわせて読みたい

青柳 裕之(あおやぎ・ひろゆき)
雑司が谷 赤ちゃん・こどもクリニック院長

千葉県出身。愛媛大学医学部卒業、東京女子医科大学小児科、伊勢崎佐波医師会病院小児科、東京女子医科大学母子総合医療センター 新生児部門(NICU)を経て、2012年2月に雑司が谷赤ちゃん・こどもクリニック開院。クリニックのホームページで掲載しているブログが自虐的でおもしろいと好評。