コロナで「寝ながら少し泣いてしまう」子どもの不安やストレス

News & Column

コロナ禍で、密を避けながらの友達付き合いや、遅れを取り戻すための詰め込み授業などにより、ストレスを感じている子どもも多いようだ。どう支えていけばよいのだろう。

「コロナのことを考えると、寝ながら少し泣いてしまう」(小学低学年男子)
「マスクで先生が誰か分からなくて話も聞こえづらい」(小学低学年男子)
「勉強ばかりで思い出が全くない」(小学高学年女子)
「学校のことや子どものことを決めている人は、僕たちの気持ちは無視なのかなぁ」(小学高学年男子)

国立成育医療研究センターが6~7月に行ったアンケートの自由記述欄には、子どもの心の叫びが記されていた。

アンケートには7~17歳の981人が回答。「すぐにイライラする」「集中できない」など、何らかのストレス症状を訴えた子どもは72%。臨時休校中だった4~5月の前回アンケートの75%とあまり変わらなかった。同センター研究員の半谷まゆみさんは「学校が始まっても期待していたことができなかったり、授業のカリキュラムが詰まっていたりして、ストレスを感じているようです」と話す。

現在行われている第3回アンケートの中間報告でも同様の傾向が見られ、3人に1人が「学校に行きたくないことがある」と答えた。不登校などにつながる心配もあり、周囲の大人が子どもの気持ちに寄り添うことが大切。コロナを必要以上に怖がるなら、関連する報道を見せないなどの配慮も求められる。半谷さんは「子どもが気持ちを打ち明けられる機会をつくってください。話すだけでも楽になります」と呼びかける。同センターのウェブサイトに、ストレスへの具体的な対処法が紹介されている。

爪かみ・赤ちゃん返り・暴力… 叱らず 話に耳を傾けて

子どものストレスサインにはどのようなものがあるのか。「子育てハッピーアドバイス」の著者で、心療内科医の明橋大二さんはチック、爪かみ、赤ちゃん返り、イライラ、不眠、自傷、暴力といった特徴に加え、集中力の低下や孤独感などもストレス症状にあたると説明する。

明橋さんのもとには、学校が再開された頃から「休校中にだらしない生活が身についてしまい、学校に行けなくなった」という相談が相次いだという。明橋さんは「だらしなく見えても、子どもはそうせざるを得ない状況に置かれ、コロナへの不安もあったはず。そうした精神的な疲れが続くと集中力が切れ、無気力になってしまう。叱らず、理解することが大切」と話す。

さらに、教室での会話が制限されたり、運動会や修学旅行が中止されたり、大人が決めたことに従わざるを得ないこともストレスになる。明橋さんは「学校でも家庭でも、子どもに関わることを決める際には、子どもの意見に耳を傾けるよう努めてください。一緒に決めたことならば子どもも納得でき、ストレスは軽減するはずです」と勧める。(読売新聞生活部 宮木優美)

子どものストレスへの対処法

かんしゃく、イライラ、暴力
・子どもの気持ちや考えを言葉にする
例:「楽しみだったのに悔しいね」
【甘え、赤ちゃん返り】
・いつも見守っていることを伝える
【登園や登校を嫌がる】
・無理やり登園、登校させない
・子どもが気持ちを話せるよう尋ねる
例:「何か心配なことがあるのかな」
【無気力】
・残念な気持ちや悲しい気持ちに共感する
 例:「授業も宿題も増えて疲れちゃったかな」
(国立成育医療研究センターのサイト「コロナ×こども本部」より抜粋)

あわせて読みたい