突如“敵”に変わる!? ママ友と気持ち良く付き合うには

News&Column

写真はイメージです

幼い子を育てる母親にとって、「ママ友」はとても身近な存在。でも、友人だと思っていたのに突如、態度を変えられてしまうケースもあって、人間関係に悩む人は少なくないようです。読売新聞の掲示板サイト「発言小町」にも、悩みを打ち明ける投稿が寄せられています。ママ友と気持ち良く付き合っていくには、どんなことに注意したらいいのでしょうか。専門家に聞いてみました。

「フレネミー」に孤立させられる

「ママ友がフレネミー」のタイトルで投稿してきたのは、中学1年の息子がいるトピ主「きのこ」さん。フレネミーとは、フレンド(友人)とエネミー(敵)を併せた造語です。トピ主さんは、息子が小学生のころからスポーツの習い事で一緒だったあるママ友との関係に悩んできました。「(彼女は)だれにでもフレンドリーに話しかけ、話は面白く、お世話好きで、とても良い方に見えるのですが、ウワサ話、悪口が大好き。親身で相談に乗ってあげたのに、すぐにその話は筒抜けです」

写真はイメージです

そんな彼女にトピ主さんは警戒心を抱きながら接してきましたが、それを快く思わない彼女は、トピ主さん親子を標的にするようになりました。子供同士のいざこざを巡る悪いウワサを流され、トピ主さん親子はグループ内で孤立してしまったといいます。トピ主さんは努めて気にしないようにしたものの、彼女はそれがまた気に入らなかった様子。子供たちが同じ中学に進学し、彼女は再びママ友グループを作ろうとしているため、トピ主さんは「また孤立させられるのかも。どうしたらいいものか」と考えあぐねています。

なびかないから、いじめる?

この投稿に、「うちは娘ですが、大学生になった今でも警戒するフレネミーがいます」と書いてきたのは「大学生の母」さん。「もう少しの我慢ですよ。今のまま、気にしない振り、気付かない振りを貫いて、お子さんにものすごい被害が起きない限りは、できれば親しい方にもお子さんにも、一切ご自分の気持ちは話さないことをお勧めします」とアドバイスします。「彼女のような人って、(トピ主さんが)自分になびかないからいじめてやろう、というものじゃないかなぁ。子供同士にとってプラスにならない親であり、全くもって幼稚な人です」とつづったのは、「ゆかり」さんです。

ママ友なんてほしくない

ママ友に対する警戒感は、幼い子供を持つ女性の間に根強くあるようです。

「ママ友0人のまま過ごし続けるって可能ですか?」というタイトルで投稿したのは、この春、幼稚園に入園した子供を持つ「えんがわ」さん。「正直、人付き合いが苦手です。ママ友という上辺だけの関係で、ご飯に行ったり連絡が来たり家を行き来したりなんて、考えただけで無理です!」と訴えます。

写真はイメージです

新型コロナウイルスによる外出自粛が解除され、ようやく子供を幼稚園に送り迎えする毎日が始まりましたが、登園の時は、誰もいない朝一番の時間帯を選び、迎えは、ほかの母親たちよりちょっと遅めにして誰とも顔を合わせないようにしているそうです。「役員とかボランティアとかがあるのは知っていますし、その時間、軽い世間話くらいならできますが、とにかく個人的な付き合いは避けたい……」と本音をつづっています。

「猛プッシュ」をかけていたのに

「なつか」さんは「もやもやする近所のママ友」と題して投稿しました。子供はもうすぐ2歳。新興住宅地に引っ越して、すぐに仲良しのママ友ができましたが、子供同士のおもちゃの取り合いがきっかけで、「挨拶してもたまに無視。話しかけられることもなくなる」ほど疎遠な関係になったそうです。元々、仲良くなろうとLINEなどを使って猛プッシュしてきたのは彼女の方でした。今、彼女はほかのママ友に猛プッシュを仕掛けているそうで、「(彼女のことは)スルーするのが一番なのはわかっていますが、すっごくもやもやします。皆さんだったらどうしますか?」と発言小町で尋ねました。

画像はイメージです

トラブル回避には直感力も必要

身近な人間関係であるはずのママ友関係に悩む母親たち。どうしたらトラブルにならないよう、上手に付き合えるのでしょうか。「ママ友トラブルフォーラム―ママ友110番―」を主催する「なかさと」さんに対処法を聞きました。

「『ママ友は面倒』などと、マイナスのイメージが独り歩きしてしまっているのは、本当に残念なことです。子供たちを通じて一生お付き合いのできる、すてきな女性に巡り合うこともあります。その可能性を捨てるより、気軽にあいさつから始めて、自分と相手との相性を見ながら少しずつ距離を近づけていけばいいと思いますよ」と、なかさとさんはアドバイスします。

写真はイメージです

幼稚園生活では、降園後に我が子を同年代の子供たちと遊ばせたいと思えば、母親たちで輪を作ることになります。自然発生的に食事に行ったり、誰かの家に集まったりという機会もあるかもしれません。「子供が絡んでいるという点が、それまでの人間関係とは決定的に違います。ただ、目的ははっきりしているので、その時その時で構え過ぎずに、自然体で接していきましょう」

ただし、投稿にもあったように、猛プッシュをして空回りするママや、詮索好きのママ、情報網を駆使して他人にうわさを話してしまうスピーカーママなどには注意が必要です。「話をしていて、ちょっと変だなと思ったら、自分の直感を信じて、その人との関係を冷静に見直す時間を設けてみてください。時には、のらりくらりとやり過ごすことも大事です。プライベートなことを話してしまうと、その人だけでなく、多くの人に知れ渡ってしまう可能性があります。また、適度な距離感を保つこともトラブル回避につながります」

身近な友人が“敵”になってしまわないよう、相手の様子に合わせて柔軟に対応したいものです。

(読売新聞メディア局編集部 永原香代子)

【紹介したトピ】
ママ友がフレネミー
ママ友0人のまま過ごし続けるって可能ですか?
もやもやする近所のママ友

【あわせて読みたい】
保護者同士のグループLINE、落とし穴にはまらない!
謙遜は美徳だと思ったのに…相手の気を悪くさせてしまうワケ
能力格差も…共働きが家事をスムーズに実行するコツとは

なかさと

ママ友トラブルアドバイザー。ママ友トラブルフォーラム -ママ友110番-を主催。閉鎖的なママ友社会をうまく乗り切る方法を共有しようと、雑誌などでコラムを連載中。定期的に座談会も開いている。一児の母。