局地豪雨や強風に負けない進化した傘

News&Column

リュックがぬれないような形の「バックプロテクト アンブレラ」(銀座ロフトで)

局地豪雨や強風など最近の気候に対応した傘への注目が集まっている。強度を高めた折り畳み傘が人気のほか、日傘としても使える「雨晴兼用」タイプの雨傘も目立つ。背負ったリュックサックが雨にぬれないような形を取り入れるなど、機能性を高めたユニークな商品は雨の日に活躍してくれそうだ。

強度高め丈夫に 日傘と兼用も

500種類以上の傘を取りそろえる銀座ロフト(東京)では、緊急事態宣言解除後、急な雨に対応するための折り畳み傘を求める人が目立つ。

「これまでは折り畳み傘と言えば軽さを追求した商品が多かったが、最近は強度を高めるなど使い勝手の良い商品が充実してきた」と売り場担当の竹本紗希さんは話す。

例えば、折り畳みの「バックプロテクト アンブレラ」(3400円、親骨55センチ)は、傘を開くと骨の一部が後方に延びる構造。背中部分が長く、背負ったリュックなどを雨から守る。同様の形をした長傘(2900円、同60センチ)は以前からあったが、今季から折り畳みの取り扱いを始めたという。

高強度ストレングスジャンプライト(長傘)

台風の上陸が続いた昨年の教訓から、強度のある傘への関心も高まっている。折りたたみ傘「ストレングス ミニ」(3000円、同58センチ)はグラスファイバー製の太めの骨を用いてパーツの数も増やし、強風や突風でも壊れにくいという。こちらも長傘(2500円、同65センチ)がある。

一方、女性客を中心に、気分が明るくなるような鮮やかな花柄などのプリント雨傘(3000円)も人気。紫外線(UV)防止加工がされており、日傘として使える。

高島屋新宿店(東京)では「雨の日も! 晴れの日も!」のタグが付けられた雨傘が売り場で目立つ。急な雨が降ると、これまでは防水加工された日傘を用いる人が多かったが、売り場担当の江崎由美子さんは「急に強く降る局地豪雨が目立つせいか、雨傘を日傘として使いたいという人が最近は増えています」と話す。

「フィーゴ スティローソ」のオートタイプの雨晴兼用ジャンプ折り畳み傘(8000円、親骨60センチ)は、手元のボタンで開けるだけでなく、閉じることもできる。遮光、遮熱効果のある布地を使っており、紫外線を防ぐ。「畳みやすい」と男性客に人気だ。

逆さまに閉じたように見える、ユニークな「キャリーサカサ」(高島屋新宿店で)

「キャリーサカサ」(7850円から)は、逆さに畳んでいるように見えるユニークな傘。雨滴の付く外側の面が、畳むと内側になり、自分や周囲をぬらすことがない。スコールの多い台湾で生まれた傘で、強風に耐えられる骨組みを持つほか、2枚重ねの傘の生地が紫外線も防ぐ。水玉やチェックなどの柄が好評だ。

江崎さんは「新型コロナウイルスの影響が続いていますが、傘を差せば、他人との社会的距離を保つ効果もあります。雨を避け、日を遮るだけではない傘の有用性が改めて注目されているようです」と話している。

扇風機で暑さ対策

ベルーナの扇風機日傘

暑さ対策として、扇風機付きの傘にも注目が集まる。

通販の「ベルーナ」が今夏、販売を始めたのが、男女兼用の扇風機日傘(5990円)。持ち手のボタンを押せば、傘の屋根部分にあるファンが回り、風を送る。ファンは電池式で、親骨の長さは60センチ。

このほか、銀座ロフトなどの傘売り場では傘の柄に携帯型扇風機をクリップで止める使い方を提案している。この夏は日傘と共に小さな扇風機を持ち運ぶ人が増えそうだ。

※価格はいずれも税抜き

(読売新聞生活部 谷本陽子)

【あわせて読みたい】
マスクしたままカット、問題ない? 美容室で配慮したいこと
危ない!傘の「横持ち」にイラッ、安全な持ち方は?
カビ発生! 欠かさず掃除すべき場所は? 梅雨時の対策