コロナで結婚式が中止・延期に…ゲストは結婚祝いどうする?

News&Column

写真はイメージです

新型コロナウイルスの影響で、結婚式を中止・延期をせざるを得なくなったカップルたち。異例ずくめの事態だけに、招待されるゲスト側にも、「ご祝儀はどのタイミングで渡せばいいの?」「とりあえずお祝いの品だけ郵送するのはあり?」など、疑問の声があります。読売新聞が運営する掲示板サイト「発言小町」に寄せられたケースについて、ご祝儀や結婚祝いの渡し方の基本を専門家に聞きました。

中止になった1.5次会、ご祝儀も郵送すべき?

友人への結婚祝いについて」というタイトルで投稿したトピ主「ゆず」さん。家族だけの海外挙式を済ませていた友人から、6月に会費制の1. 5次会を開くので出席してもらえないかと言われていましたが、新型コロナウイルスの影響で、中止になってしまいました。「ゆず」さんは、会費と一緒に結婚祝いのギフトをその場で渡そうと考えていたため、「こういう場合は、ご祝儀を郵送すべきなのか、ギフトのみ郵送するのか、どうすればいいのでしょうか? 知恵をお貸しください」と「発言小町」に尋ねました。

この投稿に対して、「今年に結婚予定の人は気の毒ですよね」と書いたのは、「もそもそ」さん。「まさかご自身の結婚式のご祝儀(例えば3万円)と同額を送るつもりではないですよね? お友達も結婚式ができなくて、気落ちしているでしょうから。1万円と何か写真立てでも新婚向けの生活雑貨でも、彼女が好きそうなものを贈れば」と提案します。

「ネコ」さんも、「ギフトをご用意されていたなら、『お祝いの第一便!』と送って差し上げたらいかがでしょうか」と相手を励ますメッセージをつづりました。

「結婚式が中止になった友人に対してご祝儀を贈るか迷っています」という「みち」さんの投稿には、「延期でなく中止なんですね? ご祝儀送った後にやっぱりやります!って連絡来てもやだなあ」(「tsumickey」さん)という書き込みも。祝いたい気持ちの一方で、相手との関係性をはかりながら、相場を決めかねている様子がうかがえます。

延期、家族婚、感染を恐れ直前のキャンセル……お祝いマナーは?

ご祝儀の郵送に慎重な書き込みが目立つのは、なぜなのでしょうか。結婚情報誌「ゼクシィ」の編集長・平山彩子さんに聞きました。

「結婚式や披露宴を中止にしたのか、延期にしたのかによって、対応は変わるとは思いますが、会費やご祝儀は、当日用意される料理やギフトを踏まえたもの。中止になった場合は、基本的には用意する必要はありません」と平山さん。トピ主さんのような場合については、「お祝いの言葉と、『あらためて会を開く際は参加したい』というメッセージを添えて、ギフトを贈るのがいいでしょう」とアドバイスします。

そのほか、ケース別の結婚祝いマナーを聞きました。

〈1〉 結婚式が延期になった場合
日程のめどが立っている場合は、出席する際にご祝儀を用意すればOK。ただし、今後決行するか分からない時は、「気持ちだけ先に贈らせてください」というメッセージとともに、プレゼントを贈るのがよいでしょう。新郎新婦がお返しなどで気負わなくていいよう、1万円を超えない品物がおすすめです。

〈2〉家族だけの小規模な結婚式にすると知らされた場合
ご祝儀は贈らないことが多いです。出席予定だった友人らと相談の上、お祝いの気持ちを表すプレゼントを準備するかどうか決めるのがいいでしょう。

〈3〉結婚式は予定通り行われ、ゲスト側で欠席を選んだ場合
いつ決めたかが重要。式の2週間前以降の欠席は、料理や引き出物のキャンセルができない恐れがあります。直前で欠席する時には、新郎新婦の負担を考慮し、予定していたご祝儀を包むのがよいでしょう。

「感染拡大を防ぐために、設備の消毒や2部制の導入など、結婚式のやり方にも変化や工夫が生まれています」と平山さん。感染対策の一環として、メールなどで招待状が届き、クレジット払いで事前決済するなど、現金のやりとりをしない方法も広がりつつあるといいます。

「欲しいけど自分では買わない」をギフト選びのポイントに

ギフト選びの際にも、何か配慮が必要なのでしょうか。ギフトを扱う「シャディ」(本社・東京)の宇沢元さんは、「相手を気遣い、郵送の形を選ぶのがいいでしょう。郵送でギフトを贈ることを事前に伝えておくことも忘れずに」と話します。

同社では、従来の結婚祝いや新郎新婦からのお返しに当たる内祝いのほかに、最近は「結婚式が中止になった新郎新婦に贈り物をしたい」という人が増えているといいます。1万~2万円が相場といわれますが、「一緒に出席する予定だった同僚や友人と、皆でお金を出し合い、高額な商品を贈る傾向にあるようです」(宇沢さん)。

セラミック製でデザイン性の高いホットプレートや、欧米デザインの掛け時計など、おしゃれ家電やインテリア雑貨が人気とのこと。「『欲しいけど、自分で買うならもっと低価格の商品を買おうかな……』と思うような高機能、デザインの商品を選ぶのがおすすめ。いっそ新郎新婦に欲しいものを聞いてみてもいいかもしれません」と、宇沢さんはアドバイスします。

結婚式は人生の晴れ舞台。コロナの影響で今年前半は大変な思いをした新郎新婦も多かったはず。友人として、心を込めたギフトで、おめでとうの気持ちを伝えたいものですね。

(読売新聞メディア局編集部 安藤光里)

【紹介したトピ】

友人への結婚祝いについて
中止された結婚式のご祝儀について

【あわせて読みたい】
新型コロナ、結婚式で感染の不安「延期すべきか」悩む新郎新婦
彼の単身者用アパートでこっそり同棲…なぜダメ?