しつこい水虫、24時間以内に足を洗えば感染しない?

News&Column

写真はイメージです

湿度の高くなる梅雨時は、靴の中が蒸れやすく、水虫を発症する人が増える時期でもあります。読売新聞の掲示板サイト「発言小町」には、いったん完治しても感染を繰り返すという女性からの投稿がありました。知っておきたい水虫の特徴と治療法、予防法について、専門医に聞きました。

いったん完治しても再発繰り返す

「水虫(24時間以内に洗えば…)」のタイトルで「発言小町」に投稿したのは、トピ主「カナ」さん。両親とも水虫を持っており、とくに父親は爪の部分に発症する「爪水虫」にかかっています。「カナ」さん自身は専門医を受診し、塗り薬を毎日塗るなどして、いったんは完治するものの、これまでに3回感染しました。毎日ていねいに足を洗うようにしており、水虫予防によいとされる5本指の靴下を愛用。それでも感染を繰り返すことにショックを受け、「発言小町」に「再感染を防ぐために、皆様のお話を聞かせていただけたら、うれしいです」と呼びかけました。

この投稿に、水虫にかかった経験を持つ女性たちから、次々とメッセージが寄せられました。

写真はイメージです

「両親も治療をしないとね」と書き込んだのは、「水虫おばさん」。自身は「水虫歴30年近く」と言い、「最初に感染したのが、勤務中パンプスを履くことを求められた転職先の職場。仕事も忙しくて入浴できない日もあったためか、その夏に感染。市販薬を塗り、なんとか治りました」とつづっています。その後、結婚・出産を経て、義理の親と同居するようになって、水虫が再発しました。「義父が水虫持ちで、お風呂が共用だったんです。私は爪水虫にまでなってしまい、私の子どももかかりました」

水虫との長い闘いが続く「水虫おばさん」は「水虫は家族間の感染が多いですから、ご両親も治療しないと、また再感染になります。バスマットとスリッパの共用は絶対に避けてください」と書き込みました。

水虫予防に関する熱心なコメントも寄せられました。「家では、布ぞうりです。2足用意して、どちらも週1~2回で洗い、交代で履くようにしています」と書いたのは、「アボカド」さん。帰宅したら、ラベンダーやティートリーなどの精油を数滴入れた水で足を洗うようにし、その後、お風呂で洗い、気になる時は、朝も洗ってから出かけているそうです。

「床は水拭きを毎日。掃除機をかけ、足はしっかり洗い、タオルで拭き取り、ドライヤーの冷風で指と指の間も足の裏も乾かしてください。バスマット(足拭き)は家族別々にしましょう」とアドバイスするのは、「あー」さんです。どのコメントからも、水虫を防ぐためにかなり細かく配慮している様子がうかがわれます。

悪化する前に専門医で診察を

日本皮膚科学会認定専門医で、東京・江東区で「まるやま皮膚科クリニック」を開業している丸山隆児院長に、水虫の特徴と治療法について聞きました。

「水虫は、カビの一種である白癬菌(はくせんきん)が引き起こす病気です。発症に男女差はありません。女性は治療に熱心な人が多い印象ですが、自分の症状について言いたくないという人も多いようです。とくにジメジメした梅雨の時期は、一年の中でも最悪。症状が悪化してしまう前に専門医に診てもらったほうがいいです」と丸山院長は説明します。

写真はイメージです

トピ主さんのケースについて、丸山院長は「いったん症状が治まっても、家族全員で治療しないと、菌をまき散らす誰かが家にいることになるので、再感染・潜伏感染が繰り返されてしまいます」と言います。とくに爪水虫に悪化した場合は、爪が生え変わるまで根気よく塗り薬を塗ったり、最低3か月は飲み薬を続けたりする必要があるそうです。「かゆみなどの症状がなくても、白癬菌に感染しているケースがあります。高齢者になるほど罹患(りかん)率は上がっていくので、少しでも若いうちに完治できるよう、医師に相談したほうがいいです」

専門医では、水虫かどうかの検査を顕微鏡で行います。診断が確定すると、塗り薬や飲み薬が処方されます。

家庭でできる予防法としては、〈1〉1日1回はせっけんを使って、ていねいに足を洗う〈2〉ウオノメやかぶれができていないかなど、自分の足先や足の裏に関心を持つ〈3〉家族でも履物などの共用はなるべく避け、バスマットなどはこまめに洗濯・乾燥する――などが挙げられるそうです。

「フットケアは一生の問題です。足から健康を損なうことも多い。自分には関係ないと思わずに、家族全員で関心を持って、早い段階で適切なケアをしてほしいですね」と丸山院長は強調します。

水虫の治療法には選択肢が多いようです。恐れる前に、自分の足に関心を持って、少しでも快適にケアができたらいいですね。

(読売新聞メディア局編集部 永原香代子)

【紹介したトピ】

▽水虫(24時間以内に洗えば…)

【あわせて読みたい】
職場でウワサに…もしかして私って「足くさ女」?
耳の後ろ側、何で洗うのが正解? 専門家に聞いてみた
同性目線では分からない!「色気がある」ってどういう女性なの?