希望ナンバー「1110」「1008」「599」数字の理由は?

News&Column

運転中に、前を走る車のナンバープレートの数字が気になることってありませんか。最近は、数字を自由に選べる「希望ナンバー制」がすっかり定着。語呂合わせやこだわりの番号を付けるドライバーも少なくありません。誕生日、職業、あこがれの人の名前などバラエティー豊かで、なるほどと思わず膝を打つ“技ありナンバー”も。読売新聞の掲示板「発言小町」では、車のナンバーの意味を尋ねるトピが盛り上がっています。

「1123」は勤労感謝の日?

「そのナンバーにした理由を教えてください。」のタイトルで発言小町に投稿してきたのは、トピ主「ワイスピ」さん。車の運転中にほかの車のナンバーが目に入り、数字の意味が気になったと言います。特に、いろいろなところで見かけるのが「1123」という番号。「ただの興味本位です。有料でナンバー登録した方、なぜその数字にしたのですか? 勤労感謝の日だからですかね?」と尋ねました。

このトピに60通以上の反響がありました。「1123」は「『いい日産』で日産車の好きな方が付けられていると思っていました!」と書き込んだのは、「7of9」さん。「『いい兄さん』という可能性もありますよ」という意見も。この指摘をした「さくら」さんによると、かつて放送されたドラマで、主役の常盤貴子さんが運転する車が「1151」(いい恋)の語呂合わせだったそう。視聴者はそこまでチェックしていたんですね。

「結婚20年。結婚してから5台目の車ですが、ナンバーは常に結婚記念日にしています」と書いたのは、「夫婦舟」さん。新婚時代の甘い感じを想像しますが、買い替えで車が変わっても数字を引き継いできたのは、うっかり忘れてしまうのを防止するのが目的だったそうです。

子供の名前の語呂合わせにしているという「ピーコック」さんからは、「『1188』というナンバーを見ると、ちょっとイラッとしてしまいます」という本音も寄せられました。1999年に全国で「希望ナンバー制」が導入されて以来、「いい母」「いいパパ」と読めるこのナンバーは、人気ナンバーの一つです。「『ホントにいい母(パパ)なの?』『そんなことアピールしたいの?』と思ってしまいます。(そんな)自分という人間の小ささにもうんざりします(笑)」とも書きました。

同じナンバーに笑顔で会釈

一推しのミュージシャンやタレントにちなんだ数字にしているという人もいます。

「稲葉一鉄」さんは「結婚するまでずーっと178でした」と言います。B’zのボーカル稲葉浩志さんにちなんだ数字です。同じナンバーを見つけると、「笑顔を交わしたり、会釈したりしたものです」と連帯感が生まれるそうです。

「ヨンハ大好き」さんは、韓国人の人気俳優パク・ヨンハさんにちなんで、ナンバーは「8948」にしています。「(人から)変わっていると言われますが、うちの近くで2台見たことがあります」とのこと。

ほかにも、「830」(矢沢永吉)、「7216」(ゆずの「夏色」)、「5296」(コブクロ)などもよく知られています。「8008」は関ジャニ∞、「738」は安室奈美恵のファンかもしれません。

写真はイメージです

ナンバーからあふれる地元愛

全国自動車標板協議会(東京)によると、2019年の希望ナンバーのランキングは、3ナンバー車が1位「1」、2位「8」、3位「3」、4位「5」、5位「8888」でした。5ナンバー車は「2525」、「1122」、「1」、「8」、「3」と続きます。軽自動車は「2525」、「3」、「1122」、「1」、「8008」となっています。縁起がいいとされる「1」や「3」、末広がりの「8」のほか、「ニコニコ」「いい夫婦」の語呂合わせが根強い人気です。

地域別で見ると、富士山ナンバー(山梨県、静岡県)は「3776」(富士山の標高)、「223」(富士山の語呂合わせ)、「2236」(富士山麓)などが上位に入っています。川口ナンバー(埼玉県)では「1110」(数字が「川口」の文字に似ている)、一宮ナンバー(愛知県)に「138」(語呂合わせ)がそれぞれランキング入りしています。

このほかにも、「373」(大阪のミナミ)、「720」(ナニワ)、「583」(高野山の語呂合わせ、和歌山)、「1008」(千に葉で千葉)など地名にちなんだ番号があり、ドライバーの地元愛がうかがえます。

希望ナンバーを受け付けている各地の窓口には、思わず「なるほど」とうなってしまう、こだわりのナンバーの申請があるそうです。

「2413」(二十四の瞳、香川)
「3003」(立山連峰の雄山の標高、富山)
「599」(高尾山の標高、八王子)
「1091」(入れ食い、釣りファン)
「1173」(いい波、サーファー)

高尾山は標高599メートル(東京・八王子市)

全国自動車標板協議会の担当者は「誕生日や結婚記念日、子どもの名前など、希望ナンバーには家族の思いやこだわりが詰まっています。車にもナンバーにも愛着を持ってもらい、安全運転につなげてほしい」と話します。

車の名義変更や登録抹消に伴い、ナンバープレートは陸運局へ返納することになりますが、2017年から希望者は持ち帰ることができる「ナンバープレートの記念所蔵容認」という制度ができました。ナンバープレートの一部に穴を空けるなどの処理が必要ですが、お気に入りのナンバーを手元に置いておくことができます。

今度、車を購入する機会があったら、「1122」(いい夫婦)や「1103」(いいおっさん)なんて付けてみたいですが、ちょっと気恥ずかしいので、「645」(無事故)、「8981」(厄払い)あたりで安全を祈願します。
(メディア局編集部 鈴木幸大)

【紹介したトピ】
そのナンバーにした理由を教えてください。
【あわせて読みたい】
流行の「半日ファスティング」、ダイエット効果はどれくらい?
大量にソースを作る夫、やめてと言ったら逆ギレ! どうしたらいい?
夜になると微熱…気になる体温の「平熱」って何度?