注目のプラスサイズブランド、どこで買う?

News&Column

ふっくらした女性の個性を生かす、「プラスサイズファッション」が盛り上がってきています。プラスサイズの女性タレントの活躍もあって、個性を生かしたおしゃれの楽しみが広く共有されるようになり、新たなブランドも続々誕生。最新トレンドを取り入れたアイテムが登場しています。新型コロナウイルスの問題もあり、当面はインターネット通販で楽しむことになりますが、事態が終息したらお店に足を運んでみてください。

海外ファッション

阪急うめだ本店(大阪市)は昨年11月、プラスサイズ売り場「PLUS(プリュス)」をリニューアルしました。

その目玉は、輸入古着の販売コーナーです。大柄な女性が多く、質も量もサイズ展開も充実している海外のプラスサイズファッションが、若い女性にも手ごろな価格で手に入ります。

インターネット通販も強化しました。特に力を入れている新サービスが、現在はネット通販のみ扱っている海外ブランドの一部について、店頭に「サイズ見本の試着コーナー」を設置しました。サイズ感の違いや返品の手続きなどからネット通販に不安がある人でも、店頭で試着してからネットで注文できる仕組みです。

ふっくらサイズの特注マネキンのお出迎えでおなじみの売り場は、これまでの倍近くの広さになりました。新進デザイナーの発掘を強化しているそうです。

5秒でサイズ測定

伊勢丹新宿店(東京都新宿区)も2018年2月に、プラスサイズ売り場「クローバーショップ」を全面改装しました。

レギュラーサイズしか作っていない人気ブランドに同店だけのプラスサイズ展開を依頼するなど、トレンドの品ぞろえを強化しました。近く、5秒で全身のサイズが測れる全自動の立体測定器を使って、体形を生かした着こなしの提案も始めます。

インターネット通販も強化しており、扱うブランド数は約150で、店頭の3倍近くあります。

スタイリストのアドバイス

また、定額制の洋服レンタルサービス「エアークローゼット」(東京都港区)は昨年12月、プラスサイズプランを始めました。月額1万4080円(税込み)を払えば、毎月、好みに合わせた服が上下計5着と、プロスタイリストによる着回し、着こなしのアドバイスが送られてきます。

有名セレクトショップなどに入るのは気後れしてしまう、という人でも、おしゃれの出発点として気軽に利用できます。着こなしに少し自信がある人からも、自分では考えたことのないような新鮮な提案をしてもらえると、幅広い世代から人気を集めています。

「プラスサイズの方は、おしゃれの好みが少し保守的で控えめ。でも、ちょっと冒険してみたいと思っている人も多く、スタイリストが背中を押す役目を果たせているようです」(広報担当)。人気のため、現在は入会待ちになっているそうです。

自動で商品をピックアップ

「プラスサイズのおしゃれ系通販サイトを目指す」と、2017年4月にスタートした専門通販サイト「アリノマ」はここ最近、売上高が前年の倍近くになる勢いで伸びています。「レギュラーサイズの服はどこの会社も厳しいのに、プラスサイズの方はすごい伸び」と、同社の担当者も驚きの様子です。

扱いブランド数はスタート時の39から、現在は150に拡大。新興ブランドが特に元気で、次々と登場しています。ボディーサイズを入力すると、体形に合った商品を自動でピックアップしてお薦めしてくれる機能が好評だそうです。

かつてのプラスサイズ商品は、無地の黒や紺など「縮んで見える色」で、定番デザインの服が中心でしたが、最近は明るい色の柄物が主流。レギュラーサイズのトレンドと変わらないデザインが人気だそうです。

「プラスサイズユーザーのおしゃれ感度が高まった結果、よりおしゃれな商品が増え、さらにおしゃれ感度が高まる、というループが続いています」(担当者)

各社の担当者によると、以前はインスタグラムにプラスサイズの着こなしが投稿されると、無視できない量の心ないコメントが付けられたそうです。ところがここ1、2年、そういったことは大きく減り、一般の人からの着こなし投稿が、目に見えて盛り上がってきました。そして、投稿のおしゃれレベルもぐんぐん上昇していきました。

テレビタレントの活躍なども影響しているようです。「2018年にタレントの渡辺直美さんがグッチの公式インスタグラムに載ったときは炎上しましたが、20年にケイト・スペードニューヨークのアンバサダーになったときは特になし。ちょっと驚きました」と、ある販売店の担当者は話します。

インターネットを中心とした盛り上がりからネット通販専門の新興ブランドが次々と登場。大手アパレルや百貨店も関心を寄せています。

(読売新聞経済部 庄野和道)

【あわせて読みたい】
2020年春夏トレンド 進化形パンツ・セットアップに注目!
マスクをつけた時、メイク崩れを防いでキレイをキープ!
「サブスク」って実際どうなの? 洋服レンタルを体験してみた