新型コロナ、結婚式で感染の不安「延期すべきか」悩む新郎新婦

News&Column

新型コロナウイルスの感染拡大で、結婚式・披露宴を控える新郎新婦の多くが、予定通りに行うかどうかで頭を悩ませています。「クラスター(小規模な感染集団)」のリスクを心配し、招待されたゲストが出席をためらうケースもあります。感染拡大の脅威は、幸せな男女の晴れの舞台に暗い影を落としています。

いつ頃に延期しましたか?

東京都昭島市の会社員男性(26)は、3月21日に結婚式と披露宴を控えています。昨年10月12日に執り行うスケジュールでしたが、大型台風の上陸で、やむなく3月に延期しました。「さすがに2回も延期するのは、ちょっとためらわれました」と、予定通り実施する考えです。結婚式場側からは感染防止対策などの説明を受けました。「ほかの施設よりも、衛生面はきちんとしていると思いました。それでも、招待客が来てくれるかどうか不安です」と男性は話します。

画像はイメージです

挙式を巡っては、読売新聞が運営する掲示板「発言小町」にも、不安の声や相談が寄せられています。

4月に結婚式を予定している「aiaichan」さんは、いったん挙式を取りやめて延期すべきかどうか悩んでいます。式場側の説明では、9月末までの延期の場合、手数料などを無料で対応してくれるとのこと。ただ、「9月に収束しているのか、そんなこと誰にも分からないわけで……」と不安はぬぐえません。「式を延期した花嫁さん、いつ頃に延期しましたか?」と尋ねます。

今月、結婚式を挙げるはずだった「ゆう」さんも、挙式1か月前に延期を決めました。招待客に延期の連絡をすると、「次も絶対行くよ」と励ましの言葉が寄せられているそう。ところが、何も反応のない友人もいて戸惑っています。

画像はイメージです

結婚式場は感染防止に対策

全国で結婚式場65施設を運営するテイクアンドギヴ・ニーズ(東京都品川区)によると、2月下旬から日程の見直しについて相談が増え、延期を決断するカップルも少なくないそうです。同社は、今年9月末までの変更については無料で対応。披露宴会場の除菌、換気を徹底するほか、新郎新婦から要望があれば、プランナーやサービススタッフがマスクを着用するそうです。同社の担当者は「結婚式といっても人数や規模、会場はそれぞれです。結婚式を予定しているカップルは心配があるかと思いますが、どんなことでもプランナーに相談してほしい」としています。

結婚式場や披露宴会場を運営するアニヴェルセル(東京都港区)は、同社のサイトで「新型コロナウイルス対応」について公開しています。日程変更にかかる手数料を無料とするほか、会場では、ドアノブ、マイク、手すりの除菌のほか、控え室やトイレなどの換気を徹底するなどの感染防止対策を行うとしています。

お姉さんを責めないでください

結婚式・披露宴の出席者にも不安が広がっています。3月下旬に実弟の結婚式があるという「奈々」さんは、出席するかどうか悩んでいると、「発言小町」に書き込みました。弟夫婦は、「奈々」さんの出産スケジュールを考慮して、結婚式をこの時期にしてくれたとのこと。夫と生まれて間もない我が子の3人で出席するのを楽しみにしていましたが、「ここにきてコロナウイルスが蔓延まんえんして、出席をどうすべきか迷っています」とつづっています。

このトピに対し、「たまごん」さんは、「今は、人が集まって接触をする機会をできるだけ減らすことが、私たちにできる数少ない対策の一つですよね。今回は欠席が良いと思います」とアドバイスしました。「ひっぷほっぷ」さんは、この弟夫婦に対し、「乳児がいるのであれば欠席もやむをえません。お姉さんを責めないでください」と理解を求めました。

新郎新婦をねぎらってほしい

結婚にまつわるアイテムを扱うECサイト「CORDY(コーディ)」を運営するハイパードライブ(東京都港区)は、今回のような不測の事態で結婚式・披露宴の中止や延期を考える場合、式場側とのやりとりで次のような点を確認するよう指摘します。

〈1〉 キャンセル料金、延期料金の確認
 招待状やムービー、ウェルカムボードなどに日付を入れて作成した場合、キャンセル不可またはキャンセル料が100%かかる場合もある。

〈2〉 延期の場合、別日の空き状況の確認
 人気の会場の場合、先の希望日が埋まっている可能性がある。ドレス、カメラマン、ヘアメイクの日程の再確認が必要。

〈3〉 成約時の特典の確認
 特定の日程を対象とした「仏滅割引」などの特典は有効かどうか。成約特典やキャンペーンで、「ドレス1着無料」「料理のグレードアップ」などのサービスが延期しても引き継げるか。

画像はイメージです

結婚式・披露宴を予定通りに実施する場合には、招待客に対し、「予定通り執り行いますが、欠席としていただくことも構いません」と、改めて連絡をするほうが望ましいと助言します。食事の提供方法や余興の進行などを見直したほうがいい場合もあります。司会者から招待客に対し、消毒液の利用や手洗いの励行をアナウンスしてもらうのも効果的だそう。

同社の担当者は「結婚式を実施するにしても、延期・中止するにしても、新郎新婦があれこれと悩まれた結果かと思います。その意思を尊重し、『当日、楽しみにしています』『出席できずに申し訳ありません』などと、2人をねぎらう気持ちを伝えてあげてほしい」と、招待客側にもアドバイスしています。

新型コロナウイルスの感染拡大防止を巡っては、安倍首相が3月10日、大規模イベントなどの自粛を今月19日頃まで「10日間程度」継続してほしいと表明しました。

【紹介したトピ】
コロナ 結婚式 延期
結婚式 新型コロナで延期か中止か
弟の結婚式 コロナウイルス

【あわせて読みたい】
結婚式に友人ゼロ…LINEで出席を打診するのは非常識?
プロポーズの指輪がアウトレット…結婚を考え直したほうがいい?
上司が先か、先輩か…職場で失敗しない結婚報告のマナー