三輪記子さん 見えているものが全てじゃない!!

国際女性デー

今、生き方に何らかの「正解」があると考えて、それを探し求めている人が多いのではないでしょうか。他の人と異なる生き方をしていると、「それは正解ではない」と批判されることを恐れて、「それなら人と同じように生きよう」となりがちです。自分の性のあり方やライフスタイル(結婚や離婚、子どもを持つこと)について、一定の「正解」があるという思考こそが、自分を、周りの人を、知らぬ間に生き苦しくさせているのではないでしょうか。本来、生き方に「正解」はないはずです。

誰かが決めた「正しい生き方」を求める必要なんてありません。ましてやそれを他人に強制するなんてもってのほかです。

知らないことや目に見えないことを意識するのは難しいです。だから、「目に見えていないもの(意識できていないこと)も存在するんだ」ということを忘れずにいたいと思っています。人はとかく自分の知らないこと、理解できないことを排除したがりますが、「今、見えているものが全てじゃない!!」を意識していきたいものです。

【あわせて読みたい】
岡田育さん Dressing
高田千明さん 人生笑ってタノシメ

三輪 記子(みわ・ふさこ)
弁護士

1976年生まれ、京都市出身。東京大学法学部卒、立命館大学法科大学院修了。2010年、弁護士登録。「白熱ライブ ビビット」(TBS系)、「キャスト」(朝日放送)などにレギュラー出演し、コメンテーターとしても活躍中。2017年に女性弁護士2名の事務所「東京ファミリア法律事務所」を開設。現在、OTEKOMACHIでコラム「弁護士三輪記子の『女もつらいよ!』」を連載中。