西村宏堂さん こうちゃん、おんなのこよ!

国際女性デー

私の名前は宏堂こうどうで、子供の頃は自分のことを「こうちゃん」と呼んでいました。ピンクのカチューシャをつけた3歳の私は、母に得意げに「こうちゃん、おんなのこよ!」と言いました。母のスカートをはいて、風呂敷を頭にかぶって長い髪に見立て、ディズニー映画の「美女と野獣」の歌に合わせてクルクルと踊っていました。青いゴミ袋で作った人魚姫アリエルの尻尾を足につけて、ビニールプールで遊ぶのも大好きでした。

小学校に入ると、友人の弟に「男の子の友達いるの?」とからかわれ、高校ではクラスの男子に「あいつ、オカマでしょ?」と大声で言われました。女の子っぽいと言われないように、ビクビクしながら生きていました。

でも、後に私がアメリカでメイクアップアーティストとなり、ミス・ユニバースの世界大会で学んだことは「美しい女性が、賢いリーダーになり得る」ということ。男性の方が優れているという古くからの「まやかし」と闘う各国の女性と触れ合い、世界中で女性のリーダーが活躍する時代が来たことを目の当たりにしました。

私がいけないと思っていた女らしさとは、「美しさ、思いやり、忍耐強さ」という良いことだったのだと気がつきました。自分の性を愛しながら、この世を自由に生きても良いと分かりました。私は劣等ではない。それは性別問わず、世界の誰にでも共通すること。

私の体は男性ですが、女性差別を目にすると自分のことのようにカチンときます。ダイバーシティーとは、人との違いを我慢することではなく、違う立場の人とお互いを応援し合えること。私は女性の躍進を、自分のことのようにうれしく思います。

【西村宏堂さんのインタビュー記事】
「美しさ」「平等」…メイクアップと仏教の世界から見えたこと

【あわせて読みたい】
西川悟平さん You are Beautiful
霜鳥まき子さん 「名刺」服を着よう

西村 宏堂(にしむら・こうどう)
メイクアップアーティスト・浄土宗僧侶

1989年、東京都出身。ニューヨークのParsons School of Design卒業後、メイクアップアーティストのアシスタントを経て、独立。日本語、英語、スペイン語を操り、ミス・ユニバース世界大会やミスUSA大会などでメイクを担当。ハリウッド女優やモデルからも高い評価を得る。2015年には日本で浄土宗の僧籍を取得。19年から日本でも活動の幅を広げ、メイク指導も行う傍ら、僧侶としてLGBTQをめぐる問題に取り組む。今年4月に自叙伝を出版予定。公式ウェブサイトはこちら。Instagram: @kodomakeup